大規模な環境でログ情報を収集するときは、ログの回数が調整されていることを確認する必要があります。リファレンス ホストを設定すると、環境内で NTP サーバを使用したり、ホスト プロファイルを抽出したり、vSphere Auto Deploy ルールを作成することができます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、リファレンス ホストとして使用するホストに移動します。
  2. [管理] タブを選択して、[設定] を選択します。
  3. [システム] の下で、[時間の構成] を選択して [編集] をクリックします。
  4. [Network Time Protocol を使用 (NTP クライアントを有効にする)] ラジオ ボタンを選択します。

    このオプションはホストの日時を NTP サーバの日時と同期します。ホストの NTP サービスは、NTP サーバーから時刻と日付を定期的に取得します。

  5. [NTP サービス起動ポリシー] ドロップダウン リストから、[ホストと連動して起動および停止] を選択します。
  6. [NTP サーバー] テキスト ボックスに、使用する NTP サーバーの IP アドレスまたはホスト名を入力します。
  7. [OK] をクリックします。

次のタスク

  • リファレンス ホストからホスト プロファイルを抽出します。ホスト プロファイル ドキュメントを参照してください。

  • リファレンス ホストで指定した設定でプロビジョニングするすべてのホストに、ホスト プロファイルを適用するルールを作成します。 PowerCLI セッションでルールを作成する方法については、ルールの記述とホストへのホスト プロファイルの割り当てを参照してください。