Windows で vCenter Server および Platform Services Controller のインストールまたはアップグレードを実行する場合、インストーラが事前検証を実行します。たとえば vCenter Server をインストールまたはアップグレードする仮想マシンや物理サーバに十分な容量があるかどうか検証し、外部データベースを使用する場合は正常にアクセスできることを確認します。

Platform Services Controller を組み込みインスタンスか、または外部インスタンスとしてインストールすると、Platform Services Controller の一部として vCenter Single Sign-On がインストールされます。外部 Platform Services Controller のインストール時に、既存の vCenter Single Sign-On サーバ ドメインに参加するためのオプションが提示されます。外部 Platform Services Controller を使用する vCenter Server のインストール時に、既存の vCenter Single Sign-On サーバ ドメインへの参加を促すプロンプトが表示されます。vCenter Single Sign-On サービスに関する情報を指定すると、インストーラは、管理者アカウントを使用してホスト名とパスワードを確認し、指定された vCenter Single Sign-On サーバの情報で認証されることを確認してから、インストール プロセスを続行します。

インストール前チェッカーは、環境内の次の項目を確認します。

  • Windows のバージョン

  • プロセッサの最小要件

  • メモリの最小要件

  • ディスク容量の最小要件

  • 選択したインストールおよびデータ ディレクトリのアクセス権限

  • 利用可能な内部および外部ポート

  • 外部データベースのバージョン

  • 外部データベースとの接続

  • Windows マシンの管理者権限

  • 入力するすべての認証情報

最小ストレージ要件の詳細については、Windows での vCenter Server および Platform Services Controller のストレージ要件を参照してください。最小ハードウェア要件の詳細については、Windows の vCenter Server および Platform Services Controller のハードウェア要件を参照してください。