vSphere Data Protection をデプロイして、vCenter ServervCenter Server Appliance、または Platform Services Controller を含む仮想マシンのバックアップとリストアを行います。

このタスクについて

注:

これは、vSphere Data Protection 6.1.3 を使用している場合の手順です。別のバージョンの vSphere Data Protection を使用している場合は、手順が異なることがあります。

前提条件

  • ESXi バージョンが 5.1 以降であることを確認します。

  • 使用環境でファイアウォールが有効な場合、vSphere Data Protection アプライアンスと ESXi ホスト間の通信のためにポート 902 が開いていることを確認します。vSphere Data Protection のドキュメントを参照してください。

  • vSphere Web Client を使用して、環境を管理する vCenter Server インスタンスに管理者としてログインします。

  • vCenter Server のバージョンが 6.5 よりも前の場合は、ブラウザー用に VMware クライアント統合プラグインがインストールされていることを確認します。詳細については、使用している vCenter Server バージョンの vSphere ドキュメントを参照してください。

手順

  1. vCenter > データセンター を選択します。
  2. オブジェクト タブで、アクション をクリックし、OVF テンプレートのデプロイ を選択します。
  3. vSphere Data Protection アプライアンスの .ova ファイルの場所に移動し、開く をクリックします。
  4. OVF テンプレートの詳細を確認し、次へ をクリックします。
  5. テンプレートの詳細を確認して 次へ をクリックし、ウィザードのプロンプトに従って、使用許諾契約書を承諾します。
  6. [名前およびフォルダの選択] ページで、vSphere Data Protection アプライアンスの FQDN を入力し、vSphere Data Protection アプライアンスをデプロイするフォルダまたはデータセンターを選択して、次へ をクリックします。

    vSphere Data Protection 構成では、入力した名前を使用して、vCenter Server インベントリ内の vSphere Data Protection アプライアンスを検索します。インストール後に vSphere Data Protection アプライアンス名を変更しないでください。

  7. vSphere Data Protection アプライアンスをデプロイするホストを選択し、次へ をクリックします。
  8. vSphere Data Protection アプライアンスの仮想ディスク フォーマットとストレージの場所を選択し、次へ をクリックします。
  9. vSphere Data Protection アプライアンスのターゲット ネットワークを選択し、次へ をクリックします。
  10. デフォルト ゲートウェイ、DNS、ネットワーク IP アドレス、ネットマスクなどのネットワーク設定を入力し、次へ をクリックします。

    IP アドレスが正しく、DNS サーバのエントリと一致していることを確認します。入力した IP アドレスが正しくない場合、vSphere Data Protection アプライアンスを再デプロイする必要があります。

    注:

    vSphere Data Protection アプライアンスでは、DHCP はサポートされていません。固定 IP アドレスが必要です。

  11. [設定の確認] ページで、すべてのデプロイ オプションが正しいことを確認し、デプロイ後にパワーオン を選択して、終了 をクリックします。

タスクの結果

vSphere Data Protection アプライアンスのデプロイ プロセスが開始され、vSphere Data Protection アプライアンスがインストール モードで起動します。