vSphere ESXi Image Builder を vSphere Web Client と共に使用するには、まず、サービスが有効で、実行されていることを確認する必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、vCenter Server システムにログインします。
  2. vSphere Web Client のホーム ページで、[管理] をクリックします。
  3. [システム構成] > [サービス] の順にクリックします。
  4. [ImageBuilder Service] を選択し、[アクション] メニューをクリックして、[起動タイプの編集] を選択します。
    • Windows では、vSphere ESXi Image Builder サービスは無効になっています。起動タイプの編集 ウィンドウで、[手動] または [自動] を選択して、Auto Deploy を有効にします。

    • vCenter Server Appliance では、vSphere ESXi Image Builder サービスはデフォルトで [手動] に設定されています。OS 起動時にこのサービスを自動的に開始するには、[自動] を選択します。

    起動タイプとして [手動] を選択すると、サービスを使用する際は常に、OS の起動時に手動でサービスを開始する必要があります。

  5. (オプション) [サービスを開始します] アイコンをクリックします。
  6. (オプション) vSphere ESXi Image Builder を vSphere Web Client と共に使用する場合は、vSphere Web Client をログアウトし、再度ログインします。

    vSphere Web Client のホーム画面に [Auto Deploy] アイコンが表示されます。

次のタスク