vSphere Web Client を使用してイメージ プロファイルをクローン作成できます。プロファイルの VIB リストに多少の変更を加える場合や、異なるベンダーの複数のホストに同じ基本プロファイルを使用しながら、ベンダー固有の VIB を追加する場合に、イメージ プロファイルをクローン作成できます。

このタスクについて

基本イメージに追加する VIB の許容レベルは、基本イメージの許容レベル以上である必要があります。許容レベルの低い VIB をイメージ プロファイルに追加する場合、イメージ プロファイル許容レベルを低くする必要があります。詳細については、許容レベルの操作 を参照してください。

前提条件

手順

  1. vSphere Web Client のホーム ページで、Auto Deploy をクリックします。

    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere ESXi Image Builder サービスを利用する権限を持っています。

  2. ソフトウェア デポ タブで、使用するイメージ プロファイルが含まれているソフトウェア デポを選択します。
  3. デポに含まれるイメージ プロファイルのリストからクローン作成するイメージ プロファイルを選択して、クローン作成 をクリックします。
  4. イメージ プロファイル名、ベンダーおよび説明を入力します。

    一意のイメージ プロファイル名を入力する必要があります。

  5. ソフトウェア デポ ドロップダウン リストから、新しいイメージ プロファイルを追加するカスタム デポを選択し、次へ をクリックします。
  6. (オプション) : ドロップダウン リストから、イメージ プロファイルの許容レベルを選択します。
  7. 利用可能 タブから、イメージ プロファイルに追加する VIB を選択し、削除する VIB の選択を解除します。

    選択済み タブでは、イメージ プロファイルに追加される VIB を確認することができます。利用可能 タブの ソフトウェア デポ ドロップダウン リストでは、VIB をソフトウェア デポ別にフィルタすることができます。

    注:

    イメージ プロファイルには、ブート可能な ESXiイメージが有効な状態で含まれている必要があります。

  8. 次へをクリックします。

    vSphere ESXi Image Builder が、変更によってイメージ プロファイルが無効にならないことを検証します。VIB には他の VIB に依存するものがありますが、イメージ プロファイルにこれらの VIB を個別に含めると無効になります。VIB を追加または削除する場合、vSphere ESXi Image Builder はパッケージの依存関係が保持されるかどうかを確認します。

  9. [設定の確認] ページで、新しいイメージ プロファイルの概要情報を確認して、終了 をクリックします。

次のタスク