Microsoft SQL Server データベースで TCP/IP が無効になっていて、動的ポートが設定されていない場合、JDBC 接続は閉じたままになります。接続が閉じていると、vCenter Server の統計に不具合が発生します。サーバの TCP/IP を JDBC 用に構成できます。

この作業は、リモートの Microsoft SQL Server データベース サーバに適用されます。データベースと vCenter Server が同じマシン上にある場合、このタスクをスキップできます。

手順

  1. [スタート] > [すべてのプログラム] > [Microsoft SQL Server] > [構成ツール] > [SQL Server 構成マネージャ] の順に選択します。
  2. [SQL Server ネットワークの構成] > [Instance name のプロトコル] を選択します。
  3. TCP/IP を有効にします。
  4. TCP/IP のプロパティを開きます。
  5. [プロトコル] タブで次のように入力します。

    有効にする

    [はい]

    すべて受信待ち

    [はい]

    Keep Alive

    [30000]

  6. [IP アドレス] タブで次の選択を行います。

    アクティブ

    [はい]

    TCP 動的ポート

    [0]

  7. [SQL Server 構成マネージャ] > [SQL Server のサービス] から SQL Server サービスを再起動します。
  8. [SQL Server 構成マネージャ] > [SQL Server のサービス] から SQL Server Browser サービスを起動します。