イメージ プロファイルが読み取り専用に設定されていない場合は、そのイメージ プロファイルに 1 つ以上の VIB を追加できます。新しい VIB がほかの VIB に依存している場合や、同じプロファイル内のその他の VIB と競合している場合には、PowerShell のプロンプトにメッセージが表示され、VIB は追加されません。

このタスクについて

VMware または VMware パートナーが提供する VIB をイメージ プロファイルに追加できます。VMware VIB を追加する場合は、vSphere ESXi Image Builder が検証を行います。複数の OEM パートナーの VIB を同時に追加すると、エラーは報告されませんが、結果のイメージ プロファイルが機能しない可能性があります。1 つの OEM ベンダーが提供する VIB のみを一度にインストールします。

許容レベルの問題に関するエラーが表示される場合は、イメージ プロファイルの許容レベルおよびホストの許容レベルを変更します。ホストの許容レベルの変更が的確であるかどうかを十分に検討します。VIB の承認レベルは VIB の作成時に設定され、変更することはできません。

結果のイメージ プロファイルが無効でも、VIB を追加できます。

注:

弊社でサポートできるのは、広範な厳しいテストで安定性と完全な機能性が証明された環境と構成のみです。サポートされている構成のみを使用してください。ホスト許容レベルが低下し、その結果、サポートの対応性も低下した場合はカスタム VIB を使用できます。その場合、変更を追跡すると後でカスタム VIB を削除し、ホスト許容レベルをデフォルト (Partner Supporter) に戻すことができます。許容レベルの操作 を参照してください。

前提条件

PowerCLI および前提となるすべてのソフトウェアをインストールします。を参照してください。vSphere ESXi Image Builder および前提となるソフトウェアのインストール

手順

  1. PowerCLI セッションで、使用するデポごとに、Add-EsxSoftwareDepot cmdlet を実行します。

    オプション

    アクション

    リモート デポ

    Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl depot_url を実行します。

    ZIP ファイル

    1. ZIP ファイルをローカル ファイル システムにダウンロードします。

    2. Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl C:\file_path\offline-bundle.zip を実行します。

    この cmdlet は、1 つ以上の SoftwareDepot オブジェクトを返します。

  2. Get-EsxImageProfile cmdlet を実行して、現在表示されているすべてのデポ内のすべてのイメージ プロファイルをリスト表示します。

    この cmdlet は、すべての使用可能なプロファイルを返します。任意の引数を使用して出力をフィルタリングすると、検索を絞り込むことができます。

  3. プロファイルのクローンを作成します。
    New-EsxImageProfile -CloneProfile My_Profile -Name "Test Profile 42" -Vendor "My Vendor"

    VMware およびそのパートナーから発行されているイメージ プロファイルは、読み取り専用です。変更を加えるには、イメージ プロファイルのクローンを作成する必要があります。vendor パラメータは必須です。

  4. Add-EsxSoftwarePackage cmdlet を実行し、イメージ プロファイルのいずれかに新しいパッケージを追加します。
    Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile My_Profile -SoftwarePackage partner-package

    この cmdlet は、標準の検証テストをイメージ プロファイルに実行します。検証が成功すると、cmdlet は検証および変更済みのイメージ プロファイルを返します。追加する VIB が別の VIB に依存している場合は、cmdlet はその情報を表示し、依存を解決する VIB を含めます。追加する VIB の許容レベルがイメージ プロファイルの許容レベルより低い場合は、エラーが発生します。