OVA のデプロイが終了すると、デプロイ プロセスのステージ 2 にリダイレクトされます。ここでは、Platform Services Controller が組み込まれた新たにデプロイした vCenter Server Appliance のサービスを設定して起動します。

手順

  1. デプロイ プロセスのステージ 2 の概要を確認し、次へ をクリックします。
  2. アプライアンスの時刻設定を行い、オプションでアプライアンスへのリモート SSH アクセスを有効にし、次へ をクリックします。

    オプション

    説明

    時刻を ESXi ホストと同期します

    定期的な時刻同期を有効にすると、VMware Tools はゲスト OS の時刻を ESXi ホストの時刻と同じになるように設定します。

    時刻を NTP サーバと同期します

    ネットワーク タイム プロトコル (NTP) サーバを使用して、時刻を同期します。このオプションを選択する場合は、NTP サーバの名前または IP アドレスをコンマで区切って入力する必要があります。

  3. SSO の設定ページで、vCenter Single Sign-On ドメインを作成し、次へ をクリックします。
    1. ドメイン名(vsphere.local など)を入力します。
    2. vCenter Single Sign-On 管理者アカウントのパスワードを設定します。

      これはユーザー administrator@your_domain_name のパスワードです。

      デプロイ後、vCenter Single Sign-On および vCenter Server に administrator@your_domain_name としてログインできます。

    3. vCenter Single Sign-On のサイト名を入力します。

      サイト名には英数字を使用する必要があります。vCenter Single Sign-On サイトに固有の名前を選択します。インストール後は、名前を変更できません。

      サイト名には、拡張 ASCII 文字または非 ASCII 文字は使用できません。サイト名には、英数字およびコンマ (,)、ピリオド (.)、疑問符 (?)、ダッシュ (-)、アンダースコア (_)、プラス記号 (+)、または等号 (=) を含める必要があります。

  4. [VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP)] ページを参照し、プログラムへの参加を希望するかどうかを選択します。

    CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの設定」セクションを参照してください。

  5. [設定の確認] ページで、vCenter Server Appliance の設定を確認して 終了 > OK の順にクリックしてデプロイ プロセスのステージ 2 を完了し、アプライアンスを設定します。
  6. (オプション) : 最初の設定が終了したら、https://vcenter_server_appliance_fqdn/vsphere-client をクリックして vSphere Web Client に進み、vCenter Server AppliancevCenter Server インスタンスにログインして、https://vcenter_server_appliance_fqdn:443 をクリックして vCenter Server Appliance の [はじめに] のページに移動します。
  7. 閉じる をクリックして、ウィザードを終了します。

    vCenter Server Appliance の [はじめに] のページにリダイレクトされます。

次のタスク

vCenter Server Appliance の高可用性を構成することができます。vCenter Server Appliance の高可用性の提供方法については、『vSphere の可用性』を参照してください。