VIB をイメージ プロファイルに追加するときに、VIB の許容レベルがイメージ プロファイルの許容レベルよりも低い場合、許容レベルの低いイメージ プロファイルのクローンを作成するか、イメージ プロファイルの許容レベルを変更できます。

このタスクについて

VMwareCertified、VMwareAccepted、PartnerSupported、または CommunitySupported をイメージ プロファイルの許容レベルとして指定できます。許容レベルを下げると、その許容レベルでプロビジョニングするイメージ プロファイルとホストのサポート レベルも変更されます。詳細については、承認レベル を参照してください。

前提条件

PowerCLI およびすべての前提となるソフトウェアをインストールします。vSphere ESXi Image Builder および前提となるソフトウェアのインストール を参照してください。

手順

  1. PowerCLI セッションで、使用するデポごとに、Add-EsxSoftwareDepot cmdlet を実行します。

    オプション

    アクション

    リモート デポ

    Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl depot_url を実行します。

    ZIP ファイル

    1. ZIP ファイルをローカル ファイル システムにダウンロードします。

    2. Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl C:\file_path\offline-bundle.zip を実行します。

    この cmdlet は、1 つ以上の SoftwareDepot オブジェクトを返します。

  2. イメージ プロファイルの許容レベルを取得します。
    Get-EsxImageProfile -Name string
  3. イメージ プロファイルの許容レベルを設定します。
    Set-EsxImageProfile -Name string -AcceptanceLevel level