PowerCLI コマンドレットで作成するルールで vSphere Auto Deploy を管理するには、PowerCLI をインストールする必要があります。

このシナリオでは、vCenter Server システムと同じシステムに PowerCLI をインストールします。別の Windows システムに PowerCLI をインストールすることもできます。

前提条件

  • Microsoft .NET Framework 4.5 または 4.5.x がインストールされていることを確認します。インストールされていない場合は、Microsoft の Web サイトからダウンロードしてインストールします。

  • Windows PowerShell 3.0 または 4.0 がインストールされていることを確認します。インストールされていない場合は、Microsoft の Web サイトからダウンロードしてインストールします。

手順

  1. vCenter Server がインストールされる Windows システムのコンソールに、管理者権限で直接、または RDP を使用してログインします。
  2. 当社の Web サイトのダウンロード ページから PowerCLI をダウンロードし、PowerCLI ソフトウェアをインストールします。
  3. PowerCLI が機能していることを確認します。
    1. PowerCLI セッションを開始します。
    2. (オプション) SSL エラーが表示される場合は、サムプリントを確認し、エラーを無視します。
    3. Get-DeployCommand コマンドレットを実行します。

    PowerCLIPowerCLI ウィンドウに、コマンドレットとその定義の一覧が表示されます。

  4. (オプション) Get-DeployCommand が コマンドレットの一覧を返さない場合、PowerCLI のバージョンを確認し、必要に応じて一度アンインストールしてから再インストールします。

次のタスク

ターゲット ホストの設定を行い、vSphere Auto Deploy によるプロビジョニングを準備します。