vSphere 6.5 では、vCenter Server のインストール パッケージにログ ブラウザ プラグインが含まれていますが、デフォルトでは有効になっていないため、vSphere Web Client にはログ ブラウザ プラグインが表示されません。ログ ブラウザ プラグインは、Windows 上で動作する vCenter Server システムに手動でデプロイすることができます。

前提条件

  • vCenter Server が実行されている Windows マシンにアクセスするための管理者権限があることを確認します。

手順

  1. vCenter Server が実行されている Windows マシンに管理者としてログインします。
  2. ログ ブラウザの生成ファイルの場所に移動します。

    Windows Server 2008/2012 では、このファイルが C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\runtime\vsphere-client\plugin-packages\logbrowser に格納されています。

  3. ファイル名を plugin-package.xml.unused から plugin-package.xml に変更して保存します。
  4. vSphere Web Clientから VMware Service Lifecycle Manager API サービスを開始します。

    vSphere Web Client でサービスを開始する方法の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』のドキュメントを参照してください。

    vCenter Server インスタンスが再起動します。

タスクの結果

vSphere Web Client監視 タブに ログ ブラウザ タブが表示されます。