健全性チェックは vSphere Distributed Switch の設定変更を監視します。Distributed Switch の設定のチェックを実行するには、vSphere Distributed Switch の健全性チェックを有効にする必要があります。

前提条件

vSphere Distributed Switch のバージョンが 5.1 以降であることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、Distributed Switch に移動します。
  2. アクション メニューから、設定 > 健全性チェックの編集 を選択します。
  3. 健全性チェックのオプションを有効または無効にするには、ドロップダウン メニューを使用します。

    オプション

    説明

    VLAN および MTU

    分散アップリンク ポートと VLAN 範囲のステータスを報告します。

    チーミングおよびフェイルオーバー

    ESXi ホストとチーミング ポリシーで使用する物理スイッチの設定が一致していることを確認します。

  4. OK をクリックします。

次のタスク

vSphere Distributed Switch の設定を変更すると、変更内容が vSphere Web Client監視 タブに表示されます。vSphere Distributed Switch の健全性ステータスの表示 を参照してください。