環境で使用できる I/O フィルタを確認し、I/O フィルタ プロバイダが想定どおりに表示され、アクティブな状態であることを確認できます。

このタスクについて

サードパーティの I/O フィルタをインストールすると、クラスタ内の ESXi ホストごとに、ストレージ プロバイダ(VASA プロバイダとも呼ばれる)が自動的に登録されます。I/O フィルタ ストレージ プロバイダの自動登録が正常に完了した場合は、ホスト レベルでイベントがトリガされます。ストレージ プロバイダが自動登録に失敗すると、システムはホストでアラームを発生させます。

手順

  1. I/O フィルタ ストレージ プロバイダが想定どおりに表示され、アクティブな状態であることを確認します。
    1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter Server に移動して参照します。
    2. 構成 タブをクリックし、ストレージ プロバイダ をクリックします。
    3. I/O フィルタのストレージ プロバイダを確認します。

    I/O フィルタ プロバイダが適切に登録されると、フィルタが提供する機能とデータ サービスが仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表示されます。

  2. I/O フィルタ コンポーネントのリストがクラスタおよび ESXi ホストに表示されていることを確認します。

    オプション

    操作

    クラスタの I/O フィルタの表示

    1. クラスタに移動します。

    2. 構成 タブをクリックします。

    3. 構成I/O フィルタ をクリックして、クラスタにインストールされているフィルタを確認します。

    ホストの I/O フィルタの表示

    1. ホストに移動します。

    2. 構成 タブをクリックします。

    3. ストレージI/O フィルタ をクリックして、ホストにインストールされているフィルタを確認します。