ストレージ ポリシー コンポーネントは、レプリケーションなど、仮想マシンに提供する必要がある単一のデータ サービスを記述します。コンポーネントを前もって定義し、複数の仮想マシン ストレージ ポリシーに関連付けることができます。コンポーネントは再利用と交換が可能です。

手順

  1. vSphere Web Client のホームで、ポリシーおよびプロファイル > 仮想マシン ストレージ ポリシー の順にクリックします。
  2. ストレージ ポリシー コンポーネント タブをクリックし、ストレージ ポリシー コンポーネントの作成 アイコンをクリックします。
  3. vCenter Server インスタンスを選択します。
  4. たとえば「4 時間のレプリケーション」などの名前を入力し、ポリシー コンポーネントの説明を入力します。

    名前がほかのコンポーネントやストレージ ポリシーと競合しないようにしてください。

  5. サービスのカテゴリ(レプリケーション など)を選択します。
  6. サービス プロバイダを選択します。
  7. 選択したカテゴリのルールを定義します。

    たとえば、4 時間のレプリケーションを設定している場合は、目標復旧時点 (RPO) の値を 4 に設定します。

    I/O フィルタに基づいた暗号化については、暗号化の前に I/O フィルタを許可 パラメータを設定します。ストレージによって提供される暗号化ではこのパラメータは必要ありません。

    オプション

    説明

    False(デフォルト)

    暗号化フィルタの前に他の I/O フィルタを使用できません。

    True

    暗号化フィルタの前に他の I/O フィルタを使用できます。暗号化の前に、他のフィルタ(レプリケーションなど)でクリア テキスト データを分析できます。

  8. OK をクリックします。

タスクの結果

新しいコンポーネントがストレージ ポリシー コンポーネントのリストに表示されます。

次のタスク

コンポーネントを仮想マシン ストレージ ポリシーに追加できます。レプリケーションなど、コンポーネントが参照するデータ サービスが I/O フィルタによって提供される場合、コンポーネントを共通ルール セットに追加します。データ サービスがストレージ システムによって提供される場合、コンポーネントを通常のルール セットに追加します。