ソフトウェア iSCSI アダプタが必要なくなった場合は、それを無効にすることができます。

このタスクについて

ソフトウェア iSCSI アダプタを無効にすると削除用のマークが付きます。次回のホストの再起動の際に、ホストからアダプタが削除されます。削除した後は、このアダプタに関連するストレージ デバイス上のすべての仮想マシンとその他のデータはホストにアクセスできなくなります。

前提条件

必要な権限:ホスト > 構成 > ストレージ パーティション構成

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. ストレージ で、ストレージ アダプタ をクリックし、設定するアダプタ (vmhba#) を選択します。
  4. [アダプタの詳細] で プロパティ タブをクリックします。
  5. 無効化 をクリックして、アダプタの無効化を確定します。

    ステータスは、アダプタが無効にされていることを示します。

  6. ホストを再起動します。

    再起動後、アダプタはストレージ アダプタのリストに表示されなくなります。

タスクの結果

iSCSI ソフトウェア アダプタが使用できなくなり、それに関連するストレージ デバイスにはアクセスできなくなります。後でアダプタを有効化することもできます。