RDM は別個の VMFS ボリュームにあるマッピング ファイルであり、Raw 物理ストレージ デバイスのプロキシとして機能します。RDM があることで、仮想マシンはストレージ デバイスに直接アクセスして、ストレージ デバイスを使用することができます。RDM には、物理デバイスへのディスク アクセスを管理およびリダイレクトするためのメタデータが格納されています。

このファイルを使用すると、VMFS 内の仮想ディスクを利用することができると同時に、物理デバイスに直接アクセスできます。したがって、このファイルによって VMFS の管理性と Raw デバイス アクセスとが結合されます。

図 1. Raw デバイス マッピング
仮想マシンは、VMFS データストアの Raw デバイス マッピング (RDM) ファイルを使用して、物理ストレージの LUN に直接アクセスします。

通常、仮想ディスクのストレージには VMFS データストアを使用します。しかしある特定の状況においては Raw LUN(SAN 内にある論理ディスク)を使用する場合もあります。

たとえば、次の場合に RDM で Raw LUN を使用します。

  • SAN スナップショットまたはその他のレイヤー アプリケーションを仮想マシンで実行している場合。RDM は、SAN 固有の機能を使用することによってバックアップ負荷軽減システムを実現します。

  • 複数の物理ホストにまたがる MSCS クラスタリングの場合(仮想-仮想クラスタ、物理-仮想クラスタなど)。この場合、クラスタ データおよびクォーラム ディスクは、共有 VMFS の仮想ディスクではなく RDM として構成されます。

RDM は、VMFS ボリュームから Raw LUN へのシンボル リンクとして考えます。マッピングにより、LUN は VMFS ボリューム内のファイルして認識されるようになります。Raw LUN ではない RDM は、仮想マシン構成で参照されます。RDM には、Raw LUN への参照が含まれています。

RDM で、次の 2 つの互換モードを使用できます。

  • 仮想互換モードの RDM は、仮想ディスク ファイルに似た働きをします。RDM でスナップショットを使用できます。

  • 物理互換モードの RDM では、低レベル制御が必要なアプリケーションで、SCSI デバイスの直接アクセスが可能です。