ホストで使用可能なすべてのストレージ デバイスを表示します。サードパーティ製のマルチパス プラグインを使用している場合は、プラグインを介して使用できるストレージ デバイスもリストに表示されます。

このタスクについて

[ストレージ デバイス] ビューでは、ホストのストレージ デバイスの一覧表示、それらの情報の分析、プロパティの修正を行うことができます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. 構成 タブをクリックします。
  3. ストレージ で、ストレージ デバイス をクリックします。

    ホストで使用可能なすべてのストレージ デバイスが [ストレージ デバイス] テーブルに一覧表示されます。

  4. 特定のデバイスの詳細情報を表示するには、リストからデバイスを選択します。
  5. アイコンを使用して基本的なストレージ管理タスクを行います。

    実際に使用できるアイコンは、デバイスの種類と構成によって異なります。

    アイコン

    説明

    ストレージ デバイスを更新するためのアイコン。

    ストレージ アダプタ、トポロジ、ファイル システムについての情報を更新します。

    ホスト上のすべてのストレージ アダプタを再スキャンして、新しく追加されたストレージ デバイスや VMFS データストアを検出します。

    データストアのアンマウント アイコン。

    選択したデバイスをホストから切断します。

    データストアのマウント。

    選択したデバイスをホストに接続します。

    選択したデバイスの表示名を変更します。

    選択したデバイスのロケータ LED をオンにします。

    選択したデバイスのロケータ LED をオフにします。

    選択したデバイスをフラッシュ ディスクとしてマークします。

    選択したデバイスを HDD ディスクとしてマークします。

  6. [デバイスの詳細情報] タブを使用すると、選択したデバイスの追加情報にアクセスしたり、プロパティを修正したりできます。

    タブ

    説明

    プロパティ

    デバイスのプロパティと特性を表示します。デバイスのマルチパス ポリシーを表示、修正できます。

    パス

    デバイスで使用可能なパスを表示します。選択したパスを有効/無効にします。