ESXi は、FCoE 対応のネットワーク アダプタからのブートをサポートしています。

ESXi をインストールして FCoE LUN からブートを行う場合は、ホストは VMware software FCoE アダプタおよび FCoE 機能を持つネットワーク アダプタを使用することができます。ホストには専用の FCoE HBA は必要ありません。

ほとんどの設定は、ネットワーク アダプタの option ROM を介して実行できます。ネットワーク アダプタは次のいずれかの形式をサポートしている必要があります。この形式を使用して FCoE ブート デバイスに関するパラメータが VMkernel に送信されます。

  • FCoE Boot Firmware Table (FBFT)。FBFT は Intel の登録商標です。

  • FCoE Boot Parameter Table (FBPT)。FBPT は、サードパーティ ベンダーがソフトウェア FCoE ブートを実装するために VMware によって定義されたものです。

設定パラメータはアダプタの option ROM に設定されます。ESXi インストールまたはその後のブートの間に、これらのパラメータが FBFT 形式または FBPT 形式でシステム メモリにエクスポートされます。VMkernel は構成設定を読み取り、それらを使用してブート LUN にアクセスします。