NMP SATP 要求ルールでは、特定のストレージ デバイスをどの SATP で管理するのかを定義します。通常、NMP SATP ルールのデフォルト設定を使用できます。ルールを変更する必要がある場合は、esxcli コマンドを使用して、特定の SATP 要求ルールのリストにルールを追加します。

このタスクについて

特定のストレージ アレイ用にサードパーティ製の SATP をインストールする場合は、SATP ルールを作成する必要がある場合があります。

プロシージャの --server=server_name は、ターゲット サーバを指定します。指定された接続先サーバーはユーザー名とパスワードの入力を促します。構成ファイルやセッション ファイルなど、他の接続オプションもサポートされています。接続オプションのリストについては、『vSphere Command-Line Interface スタート ガイド』を参照してください。

前提条件

vCLI をインストールするか、vSphere Management Assistant (vMA) 仮想マシンを導入します。vSphere Command-Line Interface スタート ガイド を参照してください。トラブルシューティングするには、ESXi Shell で esxcli コマンドを実行します。

手順

  1. 特定の SATP 用の要求ルールを追加するには、esxcli --server=server_name storage nmp satp rule add コマンドを実行します。このコマンドには次のオプションがあります。

    オプション

    説明

    -b|--boot

    このルールは、起動時に追加されるシステムのデフォルト ルールです。esx.conf を変更する、またはホスト プロファイルに追加しないでください。

    -c|--claim-option=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、要求のオプション文字列を設定します。

    -e|--description=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、要求ルールの説明を設定します。

    -d|--device=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、デバイスを設定します。デバイスのルールは、ベンダーまたはモデルのルール、およびドライバのルールと相互に排他的です。

    -D|--driver=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、ドライバ文字列を設定します。ドライバのルールは、ベンダーまたはモデルのルールと相互に排他的です。

    -f|--force

    要求ルールで妥当性チェックを無視し、ルールを設定するように強制します。

    -h|--help

    ヘルプ メッセージを表示します。

    -M|--model=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、モデル文字列を設定します。ベンダーまたはモデルのルールは、ドライバのルールと相互に排他的です。

    -o|--option=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、オプション文字列を設定します。

    -P|--psp=string

    SATP 要求ルールのデフォルトの PSP を設定します。

    -O|--psp-option=string

    SATP 要求ルールの PSP オプションを設定します。

    -s|--satp=string

    新規ルールを追加する SATP です。

    -R|--transport=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、要求のトランスポート タイプ文字列を設定します。

    -t|--type=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、要求タイプを設定します。

    -V|--vendor=string

    SATP 要求ルールを追加するときに、ベンダー文字列を設定します。ベンダーまたはモデルのルールは、ドライバのルールと相互に排他的です。

    注:

    SATP ルールを検索して、あるデバイスの SATP を見つけ出す場合、NMP は最初にドライバ ルールを検索します。マッチしなければベンダー ルールまたはモデル ルールを検索し、最後にトランスポート ルールを検索します。ここでもマッチしなければ、NMP はそのデバイスのデフォルトの SATP を選択します。

  2. ホストを再起動します。

NMP SATP ルールの定義

次のサンプル コマンドでは、VMW_SATP_INV プラグインを割り当て、ベンダー文字列に NewVend およびモデル文字列に NewMod を持つストレージ アレイを管理します。

# esxcli --server=server_name storage nmp satp rule add -V NewVend -M NewMod -s VMW_SATP_INV

esxcli --server=server_name storage nmp satp list -s VMW_SATP_INV コマンドを実行すると、VMW_SATP_INV ルールのリストに追加された新しいルールを参照できます。