I/O フィルタリング プロセスは複数のコンポーネントで構成されています。

I/O フィルタリングのコンポーネントは次のとおりです。

VAIO フィルタ ネットワーク

ユーザー環境と ESXi によって提供される VMkernel インフラストラクチャの組み合わせです。このフレームワークを使用して、仮想ディスクとの間の I/O パスにフィルタ プラグインを追加できます。インフラストラクチャには I/O フィルタ ストレージ プロバイダ(VASA プロバイダ)が含まれています。プロバイダは、ストレージ ポリシー ベース管理 (SPBM) システムと統合され、フィルタ機能を vCenter Server にエクスポートします。

I/O フィルタ プラグイン

VMware によって提供されるか、VMware パートナーによって開発されるソフトウェア コンポーネントで、仮想ディスクとゲスト OS 間で通信中の I/O データを傍受およびフィルタリングします。

CIM プロバイダ

VMware パートナーが I/O フィルタを開発する場合、パートナーは I/O フィルタ プラグインを設定および管理するオプションのコンポーネントを提供できます。

vSphere Web Client プラグイン

I/O フィルタを開発するとき、VMware パートナーはこのオプションのプラグインを含めることができます。vSphere 管理者は、このプラグインを使用し、I/O フィルタの CIM プロバイダと通信して、I/O フィルタ ステータスに関する監視情報を受信できます。さらに、CIM プロバイダに構成コマンドを送信して I/O フィルタを設定することもできます。

I/O フィルタ デーモン

VMware パートナーが開発できるオプションのコンポーネントです。ホスト上で動作する個々のフィルタ インスタンスとやり取りする追加サービスとして使用できます。このサービスは、ホスト間でのネットワーク通信チャネルを確立できます。

次の図に、I/O フィルタリングの各コンポーネント、およびゲスト OS と仮想ディスク間の I/O フローを示します。

この図は、仮想ディスクとゲスト OS 間の I/O パス、および I/O リクエストを傍受する I/O フィルタを示しています。

仮想マシンの各仮想マシン実行可能 (VMX) コンポーネントには、仮想ディスクに接続された I/O フィルタ プラグインを管理するフィルタ フレームワークが含まれています。I/O リクエストがゲスト OS と仮想ディスク間を移動するとき、このフィルタ フレームワークによってフィルタが起動されます。またフィルタは、実行中の仮想マシンの外で発生する仮想ディスクへの I/O アクセスを傍受します。

フィルタは特定の順序で逐次的に実行されます。たとえば、レプリケーション フィルタの後にキャッシュ フィルタが実行されます。特定の仮想ディスクを 2 つ以上のフィルタでフィルタリングできますが、各カテゴリに対して使用できるフィルタは 1 つだけです。

特定のディスクに対応しているすべてのフィルタが I/O リクエストを確認したら、リクエストはそのターゲット(仮想マシンまたは仮想ディスク)に移動します。

フィルタはユーザー スペース内で実行されるため、いずれかのフィルタでエラーが発生しても影響を受けるのは仮想マシンだけであり、ESXi ホストが影響を受けることはありません。