I/O フィルタは、仮想マシンの I/O パスに直接アクセスできます。個々の仮想ディスク レベルで I/O フィルタを有効にできます。I/O フィルタは、ストレージ トポロジから独立しています。

VMware は、I/O フィルタの特定のカテゴリを提供します。またサードパーティ ベンダーは、I/O フィルタを作成できます。通常、I/O フィルタはパッケージとして配布され、インストーラを使用して、vCenter ServerESXi ホスト クラスタにフィルタ コンポーネントをデプロイします。

I/O フィルタをデプロイすると、vCenter Server は VASA プロバイダとも呼ばれる I/O フィルタ ストレージ プロバイダを、クラスタ内のホストごとに設定して登録します。ストレージ プロバイダは、vCenter Server と通信し、I/O フィルタによって提供されるデータ サービスを仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表示できるようにします。これらのデータ サービスは、仮想マシン ポリシーの共通ルールを作成する際に参照できます。仮想ディスクをこのポリシーに関連付けると、仮想ディスクで I/O フィルタが有効になります。

データストアのサポート

I/O フィルタでは、次のようなすべてのデータストア タイプがサポートされます。

  • VMFS

  • NFS 3

  • NFS 4.1

  • Virtual Volumes (VVol)

  • vSAN