ESXi と連携するように NFS サーバを構成する場合は、ストレージ ベンダーの推奨に従ってください。これらの一般的な推奨事項に加えて、vSphere 環境の NFS に適用される個別のガイドラインを使用してください。

ガイドラインには、以下の項目が含まれます。

  • 使用する NAS サーバが『VMware HCL』に記載されていることを確認します。サーバ ファームウェアの正しいバージョンを使用します。

  • NFS ボリュームが NFS over TCP を使用してエクスポートされていることを確認します。

  • NAS サーバが NFS 3 または NFS 4.1 として特定の共有をエクスポートすることを確認します。NAS サーバが、同じ共有に両方のプロトコル バージョンを提供することはできません。ESXi では異なる NFS バージョン間でも同じ共有がマウントされるため、NAS サーバはこのポリシーを強制する必要があります。

  • NFS 3 および非 Kerberos (AUTH_SYS) NFS 4.1 は、root 以外の認証情報を使用して NFS ボリュームにアクセスできるようにするデリゲート ユーザー機能をサポートしていません。NFS 3 または非 Kerberos NFS 4.1 を使用する場合、各ホストにボリュームへの root アクセス権があることを確認します。ストレージ ベンダーによって、この機能を有効にするために使用する方式が異なりますが、通常、NAS サーバでは no_root_squash オプションが使用されます。NAS サーバから root アクセス権が付与されていない場合でも、NFS データストアをホストにマウントできます。ただし、そのデータストアで仮想マシンを作成することはできません。

  • 基盤となる NFS ボリュームが読み取り専用の場合、ボリュームが NFS サーバによって読み取り専用の共有としてエクスポートされることを確認します。または、ボリュームを読み取り専用のデータストアとして ESXi ホストにマウントします。それ以外の場合、ホストはデータストアを読み取り/書き込み可能と認識し、ファイルを開かない場合があります。