ストレージ アダプタにパフォーマンスの問題がある場合は、esxcli storage san コマンドを使用して問題を特定します。

タスクの結果

esxcli storage san コマンドを使用し、アダプタのイベントと統計情報を取得し、表示します。コマンドの出力を分析して、アダプタの問題を特定し、適切な解決方法を見つけることができます。

表 1. esxcli storage san コマンド

コマンド

説明

オプション

esxcli storage san fc | iscsi | fcoe | sas list

アダプタの属性が一覧表示されます。

注:

iSCSI は、ソフトウェア iSCSI にのみ適用されます。

-- adapter | -A

アダプタ名 (vmhbaX) を指定します。指定しない場合、特定のタイプのすべてのアダプタの情報が一覧表示されます。

esxcli storage san fc | iscsi | fcoe | sas stats get

アダプタの統計情報を取得します。

注:

iSCSI は、ソフトウェア iSCSI にのみ適用されます。

-- adapter | -A

アダプタ名 (vmhbaX) を指定します。指定しない場合、特定のタイプのすべてのアダプタの情報が一覧表示されます。

esxcli storage san fc | fcoe | sas reset

特定のアダプタをリセットします。

-- adapter | -A

アダプタ名 (vmhbaX) を指定します。

esxcli storage san fc events get

ファイバ チャネル アダプタのイベントを取得します。

-- adapter | -A

アダプタ名 (vmhbaX) を指定します。指定しない場合は、システム上のすべてのファイバ チャネル アダプタの情報が一覧表示されます。