ESXi のインストールまたは自動デプロイ時に自動パーティショニング起動オプションを使用すると、ホストのローカル ストレージに VMFS データストアが作成されます。場合によっては、ローカル ストレージのフラッシュ ディスクがフォーマットされないようにする必要があります。

タスクの結果

自動パーティショニングで VMFS によってフラッシュ ディスクがフォーマットされないようにするには、ESXi をインストールするときに、または ESXi を初めて起動するときに、次の起動オプションを使用します。

  • autoPartition=TRUE

  • skipPartitioningSsds=TRUE

Auto Deploy を使用する場合、これらのパラメータをリファレンス ホストに設定します。

  1. vSphere Web Client で、リファレンス ホストとして使用するホストを選択し、設定 タブをクリックします。

  2. システム をクリックしてシステム オプションを開き、システムの詳細設定 をクリックします。

  3. VMkernel.Boot.autoPartition までスクロールし、値を true に設定します。

  4. VMkernel.Boot.skipPartitioningSsds までスクロールし、値を true に設定します。

  5. ホストを再起動します。

Flash Read Cache と vSAN とともに使用する予定のフラッシュ ディスクに VMFS データストアがすでに存在する場合は、そのデータストアを削除します。