Update Manager と連携して動作する Microsoft SQL Server データベースを準備するには、データ ソース (ODBC) を作成する必要があります。

手順

  1. Update Manager サーバ システムで、コントロール パネル > 管理ツール > データ ソース (ODBC) を選択します。
  2. システム DSN タブをクリックします。
  3. ODBC システム データ ソースを作成または編集します。

    オプション

    アクション

    ODBC システム データ ソースの作成

    1. 追加 をクリックします。

    2. Microsoft SQL Server 2008、Microsoft SQL Server 2008 R2 Express、Microsoft SQL Server 2012、または Microsoft SQL Server 2014 の場合は、SQL Native Client を選択して、完了 をクリックします。

    既存の ODBC システム データ ソースの編集

    編集する ODBC システム データ ソースをダブルクリックします。

    Update Manager サーバおよび vSphere Update Manager Download Service (UMDS) と互換性のある Microsoft SQL Server データベースのバージョンの詳細なリストを表示するには、『VMware 製品の相互運用性マトリックス』(http://www.vmware.com/resources/compatibility/sim/interop_matrix.php) の ソリューション/データベースの相互運用性 オプションを選択します。

  4. [Microsoft SQL Server 用の DSN の構成] ウィンドウで必要な情報を入力し、次へ をクリックします。
    1. 名前 フィールドに、ODBC DSN を入力します。

      たとえば、VUM と入力します。

    2. (オプション) : 説明 フィールドに、ODBC DSN の説明を入力します。
    3. サーバ ドロップダウン メニューから SQL Server 名を選択します。

      ドロップダウン メニューで SQL Server マシン名が見つからない場合は、テキスト フィールドにマシン名を直接入力します。

  5. SQL Server の認証方式を設定し、次へ をクリックします。
    • ローカルの SQL Server を使用する場合は、統合 Windows NT 認証 を選択できます。

    • リモートの SQL Server を使用する場合は、SQL Server 認証方式を使用する必要があります。

    SQL Server 認証方式を使用する場合は、Update Manager のインストール ウィザードで、ODBC の設定に使用したものと同じユーザー名、パスワード、および ODBC DSN を指定する必要があります。

    重要:

    データベースが別のマシンに配置されている場合、Update Manager はローカル システム アカウントの問題によりデータベースの Windows 認証をサポートしません。Update Manager データベースがリモート マシンに配置されている場合は、データベースとシステム DSN が SQL Server 認証を使用していることを確認します。

  6. 既定のデータベースを以下のものに変更する ドロップダウン メニューでデータベースを選択し、ANSI 設定を指定して、次へ をクリックします。
  7. 言語と翻訳の設定、およびログ ファイルの保存先を指定して、完了 をクリックします。

次のタスク

データ ソースをテストするには、ODBC Microsoft SQL Server セットアップ ウィンドウで、データ ソースのテスト をクリックし、OK をクリックします。システム トレイの SQL Server アイコンをダブルクリックして SQL エージェントがデータベース サーバで確実に実行されていることを確認します。