Update Manager サーバは、vSphere Web Client のクライアント インターフェイスを備えています。

Update Manager Web Client は、Update Manager サーバ コンポーネントを Windows にインストールするか、vCenter Server Appliance をデプロイすると、vSphere Web Client で自動的に有効になります。

Update Manager Web ClientvSphere Web ClientUpdate Manager タブとして表示されます。Update Manager タブは、監視構成データセンターホストおよびクラスタ などのタブと同じレベルにあります。

vSphere Web ClientUpdate Manager Web Client を表示できるようにするには、コンプライアンス状態の表示権限が必要です。

Update Manager クライアント インターフェイスには、管理ビューとコンプライアンス ビューという 2 つのメイン ビューがあります。

Update Manager Web Client の管理ビューにアクセスするには、ホーム > Update Manager に移動し、使用する Update Manager インスタンスの IP アドレスを選択します。

Update Manager の管理ビューでは、次のタスクを実行できます。

  • Update Manager の設定

  • ベースラインおよびベースライン グループの作成と管理

  • Update Manager のイベントの表示

  • パッチ リポジトリと使用可能な仮想アプライアンス アップグレードの確認

  • 通知の確認

  • ESXi イメージのインポート

Update Manager Web Client で選択したインベントリ オブジェクトのコンプライアンス ビュー情報を表示するには、vSphere Web Client の ホストおよびクラスタ または 仮想マシンおよびテンプレート インベントリ ビューを選択し、Update Manager タブをクリックします。

Update Manager のコンプライアンス ビューでは、次のタスクを実行できます。

  • 選択したインベントリ オブジェクトそれぞれのコンプライアンスとスキャン結果の表示

  • 選択したインベントリ オブジェクトに対するベースラインおよびベースライン グループの添付と分離

  • 選択したインベントリ オブジェクトのスキャン

  • ホストへのパッチまたは拡張機能のステージング

  • 選択したインベントリ オブジェクトの修正

使用している vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって他の vCenter Server システムに接続されていて、複数の Update Manager インスタンスがインストールされて登録されている場合は、Update Manager インスタンスごとに設定を行うことができます。変更した構成プロパティは、指定した Update Manager インスタンスのみに適用され、グループ内の他のインスタンスには伝達されません。Update Manager インスタンスを指定するには、Update Manager インスタンスが登録されている vCenter Server システムの名前をナビゲーション バーで選択します。

vCenter Server システムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって他の vCenter Server システムに接続されている場合は、ベースラインとベースライン グループの管理ができるほか、Update Manager が登録されている vCenter Server システムによって管理されているインベントリ オブジェクトのみスキャンと修正を実行できます。