Update Manager のインストールとアップグレードに必要なデータベース権限セットは、Update Manager の管理に必要な権限セットとは異なります。

Update Manager をインストールまたはアップグレードする前に、必要な権限をデータベース ユーザーに付与する必要があります。

表 1. Update Manager のインストールまたはアップグレードに必要なデータベース権限

データベース

権限

Oracle

Update Manager Oracle データベース ユーザーに DBA ロールを割り当てるか、次の権限セットを付与します。

  • 接続

  • dbms_lock での実行

  • ビューの作成

  • プロシージャの作成

  • テーブルの作成

  • シーケンスの作成

  • 任意のシーケンスの作成

  • 任意のテーブルの作成

  • タイプの作成

  • 無制限のテーブル スペース

Microsoft SQL Server

データベース ユーザーに、Update Manager データベースと MSDB データベースにおける、sysadmin サーバ ロールまたは db_owner 固定データベース ロールのいずれかが付与されていることを確認します。db_owner ロールはアップグレードに必要ですが、SQL ジョブが、Update Manager インストールまたはアップグレードの一部として作成されていません。

Update Manager を実行するには、一連の最小権限をデータベース ユーザーに付与する必要があります。

表 2. Update Manager の使用に必要なデータベース権限

データベース

権限

Oracle

Oracle データベース ユーザーに最小限必要な権限は次のとおりです。

  • セッションの作成

  • 任意のテーブルの作成

  • 任意のテーブルのドロップ

Microsoft SQL Server

データベース ユーザーに、Update Manager データベースと MSDB データベースにおける、sysadmin サーバ ロールまたは db_owner 固定データベース ロールのいずれかが必要です。