Windows 上の vCenter Server 環境をバージョン 6.5 に変える方法は 2 つあります。1 つは、Windows でのアップグレード プロセスを使用する方法です。もう 1 つは、現在の環境をアプライアンスに変換し、それと同時に現在の環境をバージョン 6.5 にアップグレードする移行プロセスを使用する方法です。

Windows での vCenter Server のアップグレードと移行の違いおよび共通点を理解することが重要です。

  • Windows 上の vCenter Server バージョン 5.5 またはバージョン 6.0 環境を Windows 上の vCenter Server 6.5 環境にアップグレードする場合は、Windows でのアップグレード プロセスを選択してください。詳細については、vCenter Server for Windows のアップグレードを参照してください。

  • Windows 上の vCenter Server バージョン 5.5 またはバージョン 6.0 環境を vCenter Server Appliance 6.5 環境に変換する場合は、アプライアンスへの移行プロセスを選択してください。詳細については、vCenter Server for Windows の vCenter Server Appliance への移行を参照してください。

次の vCenter Server デプロイ タイプはバージョン 6.5 へアップグレードする際、Windows からアプライアンスに移行することができます。

  • vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)が組み込まれた vCenter Server

  • 外部の vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)を使用する vCenter Server

環境に組み込まれている vCenter データベースまたは外部の vCenter データベースも同時に移行できます。いずれの場合も、これらのデータベースは新しいアプライアンスに組み込まれた PostgreSQL データベースに変換されます。データベースの移行の詳細については、移行に向けた vCenter Server データベースの準備を参照してください。

vCenter Server 環境からアプライアンスへの移行には GUI または CLI のいずれかの方法を使用できます。

  • vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)が組み込まれた vCenter Server を移行する場合、移行プロセスは 1 つのワークフローで完了します。

  • 外部の vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)または Platform Services Controller(バージョン 6.0)を使用する vCenter Server を移行する場合は、移行の順序が問題になります。vCenter Server インスタンスを移行する前に、vCenter Single Sign-On(バージョン 5.5)インスタンスまたは Platform Services Controller インスタンスを移行する必要があります。詳細については、vCenter Server for Windows の vCenter Server Appliance への移行を参照してください。

準備作業では、VMware 移行アシスタントを使用して移行前の vCenter Server インスタンス、vCenter Single Sign-On インスタンス、または Platform Services Controller インスタンスから必要な情報を収集します。詳細については、ソース Windows マシンでの VMware Migration Assistantのダウンロードと実行を参照してください。