ブート ローダ構成ファイル boot.cfg は、mboot.c32 または mboot.efi ブート ローダが ESXi のインストールで使用するカーネル、カーネル オプション、およびブート モジュールを指定します。

boot.cfg ファイルは ESXi のインストーラで提供されます。boot.cfg ファイルの kernelopt 行を変更して、インストール スクリプトの場所を指定したり、ほかのブート オプションを渡したりすることができます。

boot.cfg ファイルの構文は次のとおりです。

# boot.cfg -- mboot configuration file
#
# Any line preceded with '#' is a comment.

title=STRING
prefix=DIRPATH
kernel=FILEPATH
kernelopt=STRING
modules=FILEPATH1 --- FILEPATH2... --- FILEPATHn

# Any other line must remain unchanged.

boot.cfg に記述されるコマンドがブート ローダーを構成します。

表 1. boot.cfg に記述されるコマンド

コマンド

説明

title=STRING

ブート ローダーのタイトルを STRING に設定します。

prefix=STRING

(オプション)kernel= コマンドおよび modules= コマンド内の「/」または http:// で始まらないすべての FILEPATH の前に DIRPATH/ を追加します。

kernel=FILEPATH

カーネル パスを FILEPATH に設定します。

kernelopt=STRING

カーネル ブート オプションに STRING を追加します。

modules=FILEPATH1 --- FILEPATH2... --- FILEPATHn

読み込むモジュールを 3 つのハイフン (---) で区切ってリストします。

カスタムのインストールまたはアップグレードスクリプトを含む、インストーラ ISO イメージの作成およびESXi インストーラの PXE ブートを参照してください。