外部の Update Manager を使用する vCenter Server Appliance をアップグレードする際は、Migration Assistantがソース Update Manager マシンで実行されている必要があります。この手順では、アップグレードの前に Migration Assistantを手動でダウンロードして実行する方法を説明します。

このタスクについて

Migration Assistantを使用すると、アップグレードされた新しい vCenter Server Appliance へのUpdate Manager サーバとデータベースの移行が容易になります。Migration Assistantはデフォルトでポート 9123 を使用します。ポート 9123 が Update Manager マシン上の他のサービスで使用されている場合は、Migration Assistant によって別の使用可能な空きポートが自動的に検出されます。

または、CLI インストーラを使用して vCenter Server Appliance をアップグレードする場合は、source.vum section セクションと run.migration.assistant サブセクションを JSON テンプレートに追加できます。CLI アップグレード構成パラメータの詳細については、アップグレードの構成パラメータを参照してください。

前提条件

手順

  1. vCenter Server Appliance インストーラ パッケージから、migration-assistant ディレクトリをソース Update Manager マシンにコピーします。
  2. migration-assistant ディレクトリで、VMware-Migration-Assistant.exe をダブルクリックし、vCenter Single Sign-On 管理パスワードを入力します。
  3. vCenter Server Appliance のアップグレードが完了するまで移行アシスタント ウィンドウを開いたままにしておきます。

タスクの結果

事前チェックが完了し、すべてのエラーが解決されると、ソース Update Manager システムのアップグレード準備が整います。

注意:

移行アシスタント ウィンドウを閉じると、アップグレード プロセスが停止します。