CLI アップグレード用の JSON 構成ファイルを準備する場合、vCenter Server Appliance または Platform Services Controller アプライアンスのアップグレード用の入力データを提供するため、パラメータや値を設定する必要があります。

JSON アップグレード ファイルの構成パラメータのセクションとサブセクション

CLI アップグレード用の JSON 構成ファイルの構成パラメータは、セクションとサブセクションで構成されます。

表 1. JSON アップグレード ファイルの構成パラメータのセクションとサブセクション

セクション

サブセクション

説明

new.vcsa - デプロイする新しいアプライアンスについて記述します。

esxi

ESXi ホストに新しいアプライアンスを直接デプロイする場合のみ使用します。

ターゲット ESXi ホストに関する構成パラメータが含まれます。2を参照してください。

注:

このサブセクションまたは vc サブセクションのいずれかに記述する必要があります。

vc

vCenter Server インスタンスのインベントリに新しいアプライアンスをデプロイする場合のみ使用します。

ターゲット ESXi ホストまたは vCenter Server インベントリの DRS クラスタに関する構成パラメータを含みます。3を参照してください。

注:

このサブセクションまたは esxi サブセクションのいずれかに記述する必要があります。

ターゲットの vCenter Server インスタンスを、アップグレードする vCenter Server Appliance にすることはできません。その場合は、esxi のサブセクションを使用します。

appliance

新しいアプライアンスに関する構成パラメータが含まれます。4を参照してください。

os

SSH を使用した新しいアプライアンスへの管理者ログインを設定する ssh.enable 構成パラメータのみが含まれます。5を参照してください。

ovftool.arguments

任意。このサブセクションは、インストーラが生成する OVF ツール コマンドに、任意の引数と値を追加するために使用します。

重要:

vCenter Server Appliance インストーラは、ovftool.arguments サブセクションの構成パラメータを検証しません。OVF ツールが認識しない引数を設定した場合、デプロイが失敗する可能性があります。

sso

新しいアプライアンスに vCenter Single Sign-On サイトを設定する site-name 構成パラメータのみが含まれます。6を参照してください。

Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance 5.5 をアップグレードする場合にのみ必要です。

temporary.network

新しいアプライアンスの一時ネットワーク設定について記述する構成パラメータが含まれます。7を参照してください。

user-options

古いアプライアンスから新しいアプライアンスへ転送するデータのタイプを設定する vcdb.migrateSet 構成パラメータのみが含まれます。8を参照してください。

source.vc - アップグレードする既存アプライアンスについて記述します。

esxi

アップグレードするアプライアンスが配置されているソース ESXi ホストについて記述する構成パラメータが含まれます。9を参照してください。

vc.vcsa

アップグレードするソース アプライアンスに関する構成パラメータを含みます。10を参照してください。

source.vum - ソース VMware Update Manager インスタンスについて記述します。

VMware Update Manager インスタンスで移行アシスタントを自動的に実行する場合に使用します。

run.migration.assistant

アップグレードするソース vCenter Server Appliance が Windows 仮想マシン上で実行される VMware Update Manager インスタンスに接続している場合のオプションです。ソースの vSphere Update Manager インスタンスで移行アシスタントを自動的に実行する場合は、このサブセクションを使用します。

ソースの vSphere Update Manager インスタンスに関する構成パラメータが含まれます。これらは、新しくアップグレードされた vCenter Server Appliance に移行されます。11を参照してください。

注:

Migration Assistantはデフォルトでポート 9123 を使用します。Update Manager マシン上の別のサービスによってポート 9123 が使用されている場合、Migration Assistant によって自動的に他の空きポートが検出されます。Migration Assistant 用のカスタム ポートを設定することはできません。

ceip - VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) への参加について記述します。

settings

VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) に参加するかどうかを設定する ceip.enabled 構成パラメータのみが含まれます。12を参照してください。

組み込みの Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance や、組み込みの vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server Appliance 5.5、Platform Services Controller アプライアンスをアップグレードする場合にのみ必要となります。

注:

ceip.enabled 構成パラメータが true に設定されている場合は、CLI のデプロイ コマンドに --acknowledge-ceip の引数をつけて実行する必要があります。

CEIP の詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』の「カスタマ エクスペリエンス改善プログラムの設定」セクションを参照してください。

重要:

パスワードなどの文字列値には、ASCII 文字のみを含めることができます。拡張 ASCII および非 ASCII 文字はサポートされません。

バックスラッシュ (\) または引用符 (") を含む値を設定するには、バックスラッシュ (\) でその文字をエスケープする必要があります。たとえば、"password":"my\"password" の場合、パスワードは my"password と設定され、"image":"G:\\vcsa\\VMware-vCenter-Server-Appliance-6.5.0.XXXX-YYYYYYY_OVF10.ova" では、パス G:\vcsa\VMware-vCenter-Server-Appliance-6.5.0.XXXX-YYYYYYY_OVF10.ova が設定されます。

ブール値には小文字のみを含めることができます。値は true または false のいずれかになります。たとえば、"ssh.enable":false です。

new.vcsa セクションの構成パラメータ

表 2. new.vcsa セクション、esxi サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

hostname

文字列

新しいアプライアンスをデプロイするターゲット ESXi ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN)。

username

文字列

root など、ターゲット ESXi ホストの 管理権限を持つユーザー名。

password

文字列

ターゲット ESXi ホストの管理権限を持つユーザーのパスワード。

deployment.network

文字列

新しいアプライアンスを接続するネットワーク名。

ネットワークは、ターゲット ESXi ホスト ネットワーク構成に含まれている必要があります。

注:

ネットワークには、アップグレードするアプライアンスが配置されているソース ESXi ホストからアクセスできる必要があります。アップグレードを実行するクライアント マシンからネットワークにアクセスできる必要があります。

ターゲット ESXi ホストが 1 つしかネットワークを持たない場合、無視されます。

datastore

文字列

新しいアプライアンスの仮想マシンの構成ファイルおよび仮想ディスクを格納するデータストアの名前。

データストアは、ターゲット ESXi ホストから使用可能である必要があります。

注:

データストアには、25 GB 以上の空き容量が必要です。

port

整数型

ターゲットの ESXi ホストの HTTPS リバース プロキシ ポート。

デフォルトのポートは 443 です。ターゲットの ESXi ホストがカスタムの HTTPS リバース プロキシ ポートを使用する場合のみ使用します。

表 3. new.vcsa セクション、vc サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

hostname

文字列

新しいアプライアンスをデプロイするターゲット vCenter Server インスタンスの IP アドレスまたは FQDN。

username

文字列

ターゲット vCenter Server インスタンスの vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー名。例: administrator@vsphere.local。

password

文字列

ターゲットの vCenter Server インスタンスの vCenter Single Sign-On 管理者ユーザーのパスワード。

deployment.network

文字列

新しいアプライアンスを接続するネットワーク名。

ネットワークは、ターゲット ESXi ホストまたは DRS クラスタ ネットワーク構成に含まれている必要があります。

注:

ネットワークには、アップグレードするアプライアンスが配置されているソース ESXi ホストからアクセスできる必要があります。アップグレードを実行するクライアント マシンからネットワークにアクセスできる必要があります。

ターゲットの ESXi ホストまたは DRS クラスタが 1 つしかネットワークを持たない場合は、無視されます。

datacenter

文字列または配列

新しいアプライアンスをデプロイするターゲットの ESXi ホストまたは DRS クラスタを含む vCenter Server データセンター。

データセンターがフォルダまたはフォルダ構造の中に配置されている場合、値は複数の文字列をカンマ区切りで入力するか、カンマ区切りの複数の文字列を単一の文字列として入力します。次に例を示します。

["parent_folder", "child_folder", "datacenter_name"]

または

"parent_folder, child_folder, datacenter_name"

注:

値は大文字と小文字を区別します。

datastore

文字列

新しいアプライアンスのすべての仮想マシンの構成ファイルおよび仮想ディスクを格納するデータストアの名前。

注:

データストアは、ターゲット ESXi ホストまたは DRS クラスタから使用可能である必要があります。

データストアには、25 GB 以上の空き容量が必要です。

port

整数

ターゲット vCenter Server インスタンスの HTTPS リバース プロキシ ポート。

デフォルトのポートは 443 です。ターゲット vCenter Server インスタンスがカスタム HTTPS リバース プロキシ ポートを使用する場合のみ使用します。

target

文字列または配列

新しいアプライアンスをデプロイするターゲット ESXi ホストまたは DRS クラスタ。

重要:

vCenter Server インベントリに表示される名前を指定する必要があります。例えば、ターゲット ESXi ホストの名前が vCenter Server インベントリ内の IP アドレスである場合、FQDN を指定することはできません。

ターゲット ESXi ホストまたは DRS クラスタがフォルダまたはフォルダ構造の中に配置される場合、値は文字列のカンマ区切りのリストであるか、単一の文字列としてのカンマ区切りのリストである必要があります。次に例を示します。

["parent_folder", "child_folder", "esxi-host.domain.com"]

または

"parent_folder, child_folder, esxi-host.domain.com"

ターゲット ESXi ホストがクラスタの一部である場合にパスを指定するには、文字列のカンマ区切りのリストか単一の文字列としてのカンマ区切りのリストを使用します。次に例を示します。

["cluster_name", "esxi-host.domain.com"] 
				  

または

"cluster_name, esxi-host.domain.com"

注:

値は大文字と小文字を区別します。

vm.folder

文字列

任意。新しいアプライアンスの追加先の仮想マシン フォルダ名。

表 4. new.vcsa セクション、appliance サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

thin.disk.mode

Boolean

シン仮想ディスクを搭載する新しいアプライアンスをデプロイするには、true に設定します。

deployment.option

文字列

新しいアプライアンスのサイズ。

注:

アップグレードするアプライアンスのデータベース サイズを検討する必要があります。外部データベースの場合は、新しいアプライアンスの Oracle データベース サイズとストレージ サイズの特定を参照してください。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 10 ホストおよび 100 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、tiny に設定します。

    2 個の CPU、10 GB のメモリ、250 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 10 ホストおよび 100 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、tiny-lstorage に設定します。

    2 個の CPU、10 GB のメモリ、775 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 10 ホストおよび 100 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、tiny-xlstorage に設定します。

    2 個の CPU、10 GB のメモリ、1650 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 100 ホストおよび 1,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、small に設定します。

    4 個の CPU、16 GB のメモリ、290 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 100 ホストおよび 1,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、small-lstorage に設定します。

    4 個の CPU、16 GB のメモリ、820 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 100 ホストおよび 1,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、small-xlstorage に設定します。

    4 個の CPU、16 GB のメモリ、1700 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 400 ホストおよび 4,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、medium に設定します。

    8 個の CPU、24 GB のメモリ、425 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 400 ホストおよび 4,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、medium-lstorage に設定します。

    8 個の CPU、24 GB のメモリ、925 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 400 ホストおよび 4,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、medium-xlstorage に設定します。

    8 個の CPU、24 GB のメモリ、1805 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 1,000 ホストおよび 10,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、large に設定します。

    16 個の CPU、32 GB のメモリ、640 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 1,000 ホストおよび 10,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、large-lstorage に設定します。

    16 個の CPU、32 GB のメモリ、990 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 1,000 ホストおよび 10,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、large-xlstorage に設定します。

    16 個の CPU、32 GB のメモリ、1870 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 2,000 ホストおよび 35,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、xlarge に設定します。

    24 個の CPU、48 GB のメモリ、980 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 2,000 ホストおよび 35,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、xlarge-lstorage に設定します。

    24 個の CPU、48 GB のメモリ、1030 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 2,000 ホストおよび 35,000 仮想マシンに対して、Platform Services Controller が組み込まれた vCenter Server Appliance をデプロイする場合、xlarge-xlstorage に設定します。

    24 個の CPU、48 GB のメモリ、1910 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 10 ホストおよび 100 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-tiny に設定します。

    2 個の CPU、10 GB のメモリ、250 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 10 ホストおよび 100 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-tiny-lstorage に設定します。

    2 個の CPU、10 GB のメモリ、775 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 10 ホストおよび 100 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-tiny-xlstorage に設定します。

    2 個の CPU、10 GB のメモリ、1650 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 100 ホストおよび 1,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-small に設定します。

    4 個の CPU、16 GB のメモリ、290 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 100 ホストおよび 1,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-small-lstorage に設定します。

    4 個の CPU、16 GB のメモリ、820 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 100 ホストおよび 1,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-small-xlstorage に設定します。

    4 個の CPU、16 GB のメモリ、1700 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 400 ホストおよび 4,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-medium に設定します。

    8 個の CPU、24 GB のメモリ、425 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 400 ホストおよび 4,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-medium-lstorage に設定します。

    8 個の CPU、24 GB のメモリ、925 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 400 ホストおよび 4,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-medium-xlstorage に設定します。

    8 個の CPU、24 GB のメモリ、1805 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 1,000 ホストおよび 10,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-large に設定します。

    16 個の CPU、32 GB のメモリ、640 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 1,000 ホストおよび 10,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-large-lstorage に設定します。

    16 個の CPU、32 GB のメモリ、990 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 1,000 ホストおよび 10,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-large-xlstorage に設定します。

    16 個の CPU、32 GB のメモリ、1870 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • デフォルト ストレージ サイズの最大 2,000 ホストおよび 35,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-xlarge に設定します。

    24 個の CPU、48 GB のメモリ、980 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 大きなストレージ サイズの最大 2,000 ホストおよび 35,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-xlarge-lstorage に設定します。

    24 個の CPU、48 GB のメモリ、1030 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • 特に大きなストレージ サイズの最大 2,000 ホストおよび 35,000 仮想マシンに対して、外部の Platform Services Controller を使用する vCenter Server Appliance をデプロイする場合、management-xlarge-xlstorage に設定します。

    24 個の CPU、48 GB のメモリ、1910 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

  • Platform Services Controller アプライアンスをデプロイする場合、infrastructure に設定します。

    2 個の CPU、4 GB のメモリ、60 GB のストレージが搭載されたアプライアンスをデプロイします。

image

文字列

任意。vCenter Server Appliance インストール パッケージへのローカル ファイル パスまたは URL

デフォルトでは、インストーラは、vcsa フォルダの ISO ファイルに含まれるインストール パッケージを使用します。

name

文字列

新しいアプライアンスの仮想マシン名。

パーセント記号 (%)、バックスラッシュ (\)、スラッシュ (/) 以外の ASCII 文字しか含めることはできません。また、80 文字未満である必要があります。

ovftool.path

文字列

任意。OVF ツール実行ファイルへのローカル ファイル パス

デフォルトでは、インストーラは、vcsa/ovftool フォルダの ISO ファイルに含まれる OVF ツール インスタンスを使用します。

表 5. new.vcsa セクション、os サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

ssh.enable

Boolean

新しいアプライアンスへの SSH 管理者ログインを有効にするには、true に設定します。

表 6. new.vcsa セクション、sso サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

site-name

文字列

新しいアプライアンスの vCenter Single Sign-On サイト名。

組み込みの vCenter Single Sign-On を使用する vCenter Server Appliance 5.5 をアップグレードする場合にのみ必要

表 7. new.vcsa セクション、temporary.network サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

ip.family

文字列

新しいアプライアンスの一時ネットワークの IP アドレス バージョン。

ipv4 または ipv6 に設定します。

mode

文字列

新しいアプライアンスの一時ネットワークの IP アドレス割り当て。

static または dhcp に設定します。

ip

文字列

新しいアプライアンスの一時 IP アドレス。

固定割り当てを使用する場合、つまり、mode パラメータを static に設定する場合のみ必要となります。

一時ネットワークの IP バージョン、つまり、ip.family パラメータの値に対応する IPv4 または IPv6 アドレスを設定する必要があります。

IPv4 アドレスは、RFC 790 ガイドラインに準拠する必要があります。

IPv6 アドレスは、RFC 2373 ガイドラインに準拠する必要があります。

dns.servers

文字列値または配列値

新しいアプライアンスの一時ネットワークの 1 つ以上の DNS サーバの IP アドレス。

複数の DNS サーバを設定するには、文字列のカンマ区切りのリストか単一の文字列としてのカンマ区切りのリストを使用します。次に例を示します。

["x.y.z.a", "x.y.z.b"]

または

"x.y.z.a, x.y.z.b"

一時 IP アドレス割り当てに固定ネットワーク モードを使用する場合、つまり、mode パラメータを static に設定する場合のみ、必要となります。

prefix

文字列

新しいアプライアンスの一時ネットワークのネットワーク プリフィックス長。

mode パラメータを static に設定する場合のみ使用します。mode パラメータを dhcp に設定する場合は削除します。

ネットワーク プリフィックス長は、サブネット マスクに設定されているビット数です。たとえば、サブネット マスクが 255.255.255.0 である場合は、バイナリ バージョンのプリフィックス長は 24 ビットとなるため、ネットワーク プリフィックス長は 24 になります。

IPv4 バージョンの場合、値は、0 から 32 の間である必要があります。

IPv6 バージョンの場合、値は、0 から 128 の間である必要があります。

gateway

文字列

新しいアプライアンスの一時ネットワークのデフォルト ゲートウェイの IP アドレス。

IPv6 バージョンの場合、値を default にできます。

system.name

文字列

新しいアプライアンスの一時ネットワークのプライマリ ネットワーク ID。

IP アドレスまたは FQDN。FQDN が望ましい。

FQDN およびドット付き 10 進数は、RFC 1123 ガイドラインに準拠する必要があります。

表 8. new.vcsa セクション、user-options サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

vcdb.migrateSet

文字列

古いアプライアンスから新しいアプライアンスへ転送するデータのタイプ。

  • 構成データのみ転送する場合、core に設定します。

  • 構成、イベント、タスク、パフォーマンス メトリック データを転送する場合は、all に設定します。

  • 構成、イベント、タスク データを転送する場合は、core_events_tasks に設定します。

注:

新しいアプライアンスのストレージ要件とアップグレード時間を最小限に抑えるには、core 値を使用します。

source.vc セクションの構成パラメータ

表 9. source.vc セクション、esxi サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

hostname

文字列

アップグレードするアプライアンスが存在するソース ESXi ホストの IP アドレスまたは FQDN。

username

文字列

ソース ESXi ホストの root などの管理権限を持つユーザー名。

password

文字列

ソース ESXi ホストの管理権限を持つユーザーのパスワード。

port

整数型

ソース ESXi ホストの HTTPS リバース プロキシ ポート。

デフォルトのポートは 443 です。ソースの ESXi ホストがカスタム HTTPS リバース プロキシ ポートを使用する場合のみ使用します。

表 10. source.vc セクション、vc.vcsa サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

hostname

文字列

アップグレードするソース アプライアンスの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN)。

username

文字列

administrator@vsphere.local などのソース アプライアンスの vCenter Single Sign-On 管理者ユーザー。

重要:

ユーザーは、administrator@your_domain_name である必要があります。

password

文字列

ソース アプライアンスの vCenter Single Sign-On 管理者ユーザーのパスワード。

root.password

文字列

ソース アプライアンスのオペレーティング システムの root ユーザーのパスワード。

source.vum セクションの構成パラメータ

表 11. source.vum セクション、run.migration.assistant サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

esxi.hostname

文字列

ソースの vSphere Update Manager インスタンスが存在する ESXi ホストの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN)。

FQDN を指定する場合、アップグレードを実行するクライアント マシンから解決できる必要があります。

esxi.username

文字列

root など、ESXi ホストの管理権限を持つユーザー名。

esxi.password

文字列

ESXi ホストの管理権限を持つユーザーのパスワード。

esxi.port

文字列

ESXi ホストの HTTPS リバース プロキシ ポート。

デフォルトのポートは 443 です。ESXi ホストがカスタム HTTPS リバース プロキシ ポートを使用する場合のみ使用します。

vum.hostname

文字列

ソース VMware Update Manager インスタンスが動作する Windows 仮想マシンの IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名 (FQDN)。

FQDN を指定する場合、アップグレードを実行するクライアント マシンから解決できる必要があります。

vum.os.username

文字列

ソース VMware Update Manager インスタンスが動作する Windows 仮想マシンの管理者ユーザー名。

vum.os.password

文字列

ソース VMware Update Manager インスタンスが動作する Windows 仮想マシンの管理者パスワード。

指定されていない場合は、テンプレートの検証時に、コマンド コンソールでパスワードを入力するよう求められます。

export.dir

文字列

ソースの構成とデータをエクスポートするディレクトリ。

ceip セクションの構成パラメータ

表 12. ceip セクション、settings サブセクションの構成パラメータ

名前

タイプ

説明

ceip.enabled

Boolean

新しくアップグレードされるアプライアンスの CEIP に参加するには、true に設定します。