CLI プロセスを使用して vCenter Server 環境を vCenter Server Appliance に移行する場合、新しいアプライアンスの構成値を含んだ JSON テンプレートを準備する必要があります。

このタスクについて

vCenter ServervCenter Single Sign-OnPlatform Services Controller のインスタンスは、インストーラの ISO ファイルにあるテンプレートの構成パラメータに値を設定することで、Windows からアプライアンスに移行することができます。テンプレートに含まれていない構成パラメータは、それぞれのデフォルト値に設定されます。実際の移行の詳細に合わせてテンプレートに構成パラメータを追加し、その値を設定することができます。

vCenter Server 5.5 と vCenter Server 6.0 を CLI でアプライアンスに移行するためのサンプル テンプレートが vcsa-cli-installer/templates/migrate ディレクトリに用意されています。

構成パラメータとその説明の詳細については、お使いのオペレーティング システムのインストーラのサブディレクトリに移動して、vcsa-deploy migrate --template-help コマンドを実行してください。

重要:

CLI インストーラを実行するマシンにログインするために使用するユーザー名、vCenter Server Appliance インストーラへのパス、JSON 構成ファイルへのパス、パスワードなど JSON 構成ファイル内の文字列値には、ASCII 文字のみを利用できます。拡張 ASCII および非 ASCII 文字はサポートされません。

vCenter Server 5.5 のローカル OS ユーザー名は、ターゲットの vCenter Server Appliance に移行されないため、移行完了後に再度作成する必要があります。ローカル OS ユーザー名を使用して vCenter Single Sign-On にログインしている場合は、それらのユーザー名を Platform Services Controller アプライアンスに再度作成する必要があります。

前提条件

ご使用の環境が移行の要件を満たしていることを確認します。vCenter Server デプロイを vCenter Server Appliance デプロイに移行するためのシステム要件を参照してください。

移行に必要な環境を準備します。移行の準備を参照してください。

手順

  1. vcsa-cli-installer/templates ディレクトリの migrate サブフォルダを開きます。
  2. migrate サブフォルダから自分のワークスペースに移行テンプレートをコピーします。
    • vCenter Server 5.5 の場合は、migrate/winvc5.5/ フォルダを使用します。

    • vCenter Server 6.0 の場合は、migrate/winvc6.0/ フォルダを使用します。

  3. 使用環境に合ったテンプレート ファイルをテキスト エディタで開きます。

    JSON 構成ファイルの構文を正しく編集するために、JSON エディタを使用します。

  4. 必要な構成パラメータの値を入力し、オプションで、追加パラメータとその値を入力します。
    重要:

    バックスラッシュ (\) または引用符 (") を含む値を設定するには、バックスラッシュ (\) でその文字をエスケープする必要があります。たとえば、"password":"my\"password" とするとパスワードに my"password が設定され、"image":"C:\\vmware\\vcsa" とするとパスに C:\vmware\vcsa が設定されます。

    ブール値は小文字のみ許容されます。値は truefalse のいずれかになります。たとえば、"ssh.enable":false

  5. UTF-8 形式で保存してファイルを閉じます。

タスクの結果

これで移行に必要なファイルの準備が整いました。

次のタスク

実際の環境に必要であれば、テンプレートはいくつでも作成して保存することができます。テンプレートの準備が整ったら、実際にテンプレートを使って移行する前に事前チェックを行います。CLI で vCenter Server Appliance に移行する際の事前チェックを参照してください。