PXE ブートプロセスを理解しておくと、トラブルシューティング時に役立ちます。

TFTP サーバ

TFTP (Trivial File Transfer Protocol) は FTP サービスに似ており、通常は、システムのネットワーク起動や、ルータなどのネットワーク デバイスへのファームウェアの読み込みにのみ使用します。TFTP は Linux および Windows で使用できます。

  • ほとんどの Linux ディストリビューションには、tftp-hpa サーバのコピーが含まれています。サポートされているソリューションが必要な場合は、希望するベンダーからサポートされている TFTP サーバを購入してください。TFTP サーバは、VMware Marketplace にあるアプライアンス パッケージのいずれかで取得することもできます。

  • TFTP サーバを Microsoft Windows ホストで実行する場合は、tftpd32 バージョン 2.11 以降を使用してください。http://tftpd32.jounin.net/を参照してください。

SYSLINUX、PXELINUX、および gPXELINUX

レガシーの BIOS 環境で PXE を使用している場合は、さまざまな起動環境について理解する必要があります。

  • SYSLINUX は、レガシー BIOS ファームウェアを実行するマシン用のオープン ソースの起動環境です。BIOS システムに対する ESXi ブート ローダー mbootc.32 は、SYSLINUX プラグインとして実行されます。ディスク、ISO イメージ、ネットワークなどの複数の種類のメディアから起動するように SYSLINUX を構成できます。SYSLINUX パッケージは、http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/に格納されています。

  • PXELINUX は、PXE 標準に従って TFTP サーバから起動するための SYSXLINUX 構成です。PXELINUX を使用して ESXi インストーラを起動する場合、pxelinux.0 バイナリ ファイル、mboot.c32、構成ファイル、カーネル、およびその他のファイルはすべて TFTP で転送されます。

  • gPXELINUX は PXELINUX と gPXE の両方を含むハイブリッド構成で、Web サーバからの起動をサポートしています。gPXELINUX は SYSLINUX パッケージの一部です。gPXELINUX を使用して ESXi インストーラを起動する場合は、gpxelinux.0 バイナリ ファイル、mboot.c32、および構成ファイルのみが TFTP で転送されます。残りのファイルは HTTP で転送されます。HTTP は通常 TFTP よりも高速で信頼性が優れています(特に、負荷の高いネットワーク上で大量のデータを転送する場合)。

注:

VMware では現在、SYSLINUX バージョン 3.86 で動作する mboot.c32 プラグインを作成し、そのバージョンでの PXE ブートのみをテストしています。その他のバージョンは互換性がない可能性があります。これはサポートの制限を示すものではありません。PXE ブートのインフラストラクチャを設定する際に使用する、サードパーティ製エージェントのサポートについては、ベンダーにお問い合わせください。

UEFI PXE および iPXE

ほとんどの UEFI ファームウェアでは、TFTP サーバからの起動を許可する PXE をネイティブでサポートしています。ファームウェアは、UEFI システムに ESXi ブート ローダー mboot.efi を直接ロードできます。PXELINUX などの追加のソフトウェアは必要ありません。

iPXE は、PXE サポートなしのファームウェアを持つ UEFI システムおよび PXE サポートにバグのある古い UEFI システムでも利用できます。そのような場合、USB フラッシュ ドライブに iPXE をインストールして起動することが可能です。

注:

Apple Macintosh 製品は PXE ブートをサポートしていません。代わりに、Apple 固有のプロトコルを介したネットワーク起動がサポートされます。

PXE ブートの代替アプローチ

PXE ブートの代わりに、異なるホスト上の異なるソフトウェアを起動することができます。例:

  • MAC アドレスまたはその他の基準に応じて、異なるホストに異なる初期ブート ローダーのファイル名を提供するように DHCP サーバを構成する。DHCP サーバのドキュメントを参照してください。

  • 初期ブート ローダーとして iPXE を使用する。iPXE 構成ファイルは、MAC アドレスまたはその他の基準に応じて次のブート ローダーを選択するように設定します。