統計収集間隔により、統計クエリの発行される頻度、統計データがデータベースに格納される期間、および収集する統計データの種類が決まります。 収集された統計データは、vSphere Web Client のパフォーマンス チャートか、コマンドライン監視ユーティリティで表示できます。

注:

構成できない統計もあります。

前提条件

必要な権限: [パフォーマンス ] > [間隔の変更 ]

手順

  1. vSphere Web Client で、vCenter Server インスタンスに移動します。
  2. [設定] タブを選択します。
  3. [設定] で、[全般] を選択します。
  4. [編集] をクリックします。
  5. [統計間隔] で、統計間隔属性をクリックしてその値を編集します。
    1. [間隔] で、統計データを収集する時間間隔を選択します。
    2. [保存期間] で、アーカイブした統計情報をデータベースで保持する期間を選択します。
    3. [統計レベル] で、統計情報を収集するための新しいレベルを選択します。

      レベルを低くするほど、使用される統計情報カウンタの数が少なくなります。 レベル 4 では、すべての統計情報カウンタが使用されます。 このレベルは、デバッグ目的でのみ使用してください。

      統計レベルは、先行の統計間隔に設定された統計レベル以下にする必要があります。 これは vCenter Server 固有の制限です。

  6. (オプション) [データベース サイズ] で、統計設定がデータベースに与える影響を見積もります。
    1. [物理ホスト] の数を入力します。
    2. [仮想マシン] の数を入力します。

      必要な容量の見積もりおよびデータベース行の数が算出されて表示されます。

    3. 必要に応じて、統計情報の収集設定を変更します。
  7. [OK] をクリックします。

統計間隔のデフォルト設定の関係

  • 5 分ごとに収集されるサンプルは 1 日間保存されます。

  • 30 分ごとに収集されるサンプルは 1 週間保存されます。

  • 2 時間ごとに収集されるサンプルは 1 か月間保存されます。

  • 1 日に収集されるサンプルは 1 年間保存されます。

すべての統計間隔について、デフォルト レベルは 1 です。クラスタ サービス、CPU、ディスク、メモリ、ネットワーク、システム、および仮想マシン操作の各カウンタを使用します。