コールド移行は、クラスタ、データセンター、および vCenter Server インスタンスのホスト間でパワーオフ状態またはサスペンド状態の仮想マシンを移行することです。コールド移行を使用して、データストアから別のデータストアに関連付けられたディスクを移動することもできます。

コールド移行を使用すると、vMotion を使用する場合と比較して、ターゲット ホストに対するチェック要件を低く抑えることができます。たとえば、仮想マシンに複雑なアプリケーション設定が含まれている場合にコールド移行を使用すると、vMotion 中の互換性チェックにより、別のホストへの仮想マシンが移動されない可能性があります。

コールド移行プロセスを開始する前に、仮想マシンをパワーオフまたはサスペンド状態にする必要があります。サスペンド状態の仮想マシンの移行は、仮想マシンがパワーオンされていても動作していないため、コールド移行とみなします。

コールド移行中の CPU の互換性チェック

64 ビット オペレーティング システムが構成されているパワーオフ状態の仮想マシンを、64 ビット オペレーティング システムをサポートしないホストに移行しようとすると、vCenter Server は警告を生成します。その他、CPU の互換性チェックは、パワーオフ状態の仮想マシンをコールド移行で移行する場合には適用されません。

サスペンド状態の仮想マシンを移行する場合、仮想マシンの新しいホストは CPU の互換性要件を満たしている必要があります。この要件により、新しいホスト上で仮想マシンの実行をレジュームできます。

コールド移行中の操作

コールド移行では、次の操作が実行されます。

  1. 別のデータストアに移動するオプションを選択すると、NVRAM ファイル (BIOS 設定) などの構成ファイル、ログ ファイル、サスペンド ファイルは、ソース ホストからターゲット ホストの関連するストレージ領域に移動されます。仮想マシンのディスクを移動する操作も選択できます。

  2. 仮想マシンが新しいホストに登録されます。

  3. 別のデータストアに移動するオプションを選択した場合は、移行が完了した後、ソース ホストおよびデータストアから古いバージョンの仮想マシンが削除されます。

コールド移行のネットワーク トラフィック

デフォルトでは、仮想マシンのコールド移行、クローン作成、およびスナップショットのデータは、管理ネットワーク経由で転送されます。このトラフィックは、プロビジョニング トラフィックと呼ばれます。これは暗号化されませんが、データのランレングス エンコードが使用されます。

ホストで、個別の VMkernel ネットワーク アダプタをプロビジョニング トラフィック専用にして、このトラフィックを別の VLAN で隔離するなどの操作を行うことができます。ホストで、1 つの VMkernel アダプタのみをプロビジョニング トラフィック用に割り当てることができます。個別の VMkernel アダプタでのプロビジョニング トラフィックの有効化の詳細については、『vSphere のネットワーク』ドキュメントを参照してください。

管理ネットワークで保存できないほど大量の仮想マシン データの転送を計画している場合は、ホスト上のコールド移行トラフィックを、パワードオフ状態の仮想マシンのコールド移行およびクローン作成専用の TCP/IP スタックにリダイレクトしてください。リダイレクトは、管理ネットワークとは異なるサブネットにコールド移行トラフィックを分離する場合(長距離の移行など)にも実行できます。プロビジョニング TCP/IP スタックへのコールド移行、クローン作成、およびスナップショットのトラフィックの配置を参照してください。