購読済みライブラリの設定を編集し、公開ライブラリからコンテンツをダウンロードするオプションを切り替えることによって、ストレージ容量とネットワーク帯域幅を最適化することができます。公開ライブラリの管理者がパスワードを変更する場合は、ライブラリに対する認証用のパスワードも更新する必要があります。

前提条件

必要な権限:コンテンツ ライブラリ > 購読済みライブラリの更新 および コンテンツ ライブラリ > サブスクリプション情報の検知 (購読済みライブラリが対象)

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、vCenter インベントリ リスト > コンテンツ ライブラリ を選択します。
  2. 購読済みライブラリを右クリックして、設定の編集 を選択します。
  3. 購読済みライブラリの設定を編集します。
    • 公開ライブラリとの自動同期を有効または無効にします。

    • 公開ライブラリに対する認証用のパスワードを更新します。

    • ダウンロード方法を選択します。すべてのライブラリ コンテンツをただちにダウンロードするか、必要に応じてライブラリ コンテンツを随時ダウンロードすることができます。

      コンテンツを必要な場合にダウンロードするオプションからすべてのライブラリ コンテンツをただちにダウンロードするオプションに切り替えると、同期タスクが開始され、コンテンツのダウンロードが開始されます。公開ライブラリに含まれるアイテムの数とサイズにより、タスクで必要とされる時間とネットワーク帯域幅が決まります。

  4. OK をクリックします。