仮想マシンが使用できる仮想ハードウェアは、仮想マシンの互換性の設定によって決まります。仮想ハードウェアはホスト マシンで使用できる物理ハードウェアに対応しています。ホスト上で稼動する ESXi の最新バージョンに対応するように、仮想マシンの互換性レベルをアップグレードできます。

このタスクについて

この手順では、1 台または複数の仮想マシンが、サポート対象の最新の仮想ハードウェア バージョンへ、ただちにアップグレードされます。アップグレードのスケジュールを次回の仮想マシンの再起動時に設定し、サポート対象のすべての仮想ハードウェア バージョンからアップグレードを選択するには、仮想マシンの互換性アップグレードのスケジュール設定を参照してください。

仮想マシンのハードウェア バージョンと互換性については、仮想マシンの互換性 を参照してください。

前提条件

  • 仮想マシンのバックアップまたはスナップショットを作成します。スナップショットを使用した仮想マシンの管理 を参照してください。

  • VMware Tools をアップグレードします。Microsoft Windows の仮想マシンでは、VMware Tools をアップグレードする前に互換性をアップグレードすると、仮想マシンのネットワーク設定が自動的に失われる可能性があります。

  • すべての仮想マシンおよびその .vmdk ファイルが ESXi ホストまたはホスト クラスタに接続されているストレージに格納されていることを確認します。

  • 仮想マシンの互換性がサポートされている最新バージョンに設定されていないことを確認します。

  • 仮想マシンと互換性を持たせる ESXi のバージョンを決定します。仮想マシンの互換性 を参照してください。

手順

  1. vSphere Web Client から vCenter Server にログインします。
  2. 仮想マシンを選択します。
    1. データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 仮想マシン タブ > 仮想マシン の順にクリックします。
  3. 選択した仮想マシンをパワーオフします。
  4. アクション > 互換性 > 仮想マシンの互換性のアップグレード... の順に選択します。
  5. はい をクリックし、アップグレードを確認します。
  6. 仮想マシンと互換性を持たせる ESXi のバージョンを選択します。
  7. [OK] をクリックします。

タスクの結果

選択した仮想マシンが選択した互換性設定に対応するハードウェア バージョンにアップグレードされ、仮想マシンの [サマリ] タブで新しいハードウェア バージョンに更新されます。

次のタスク

仮想マシンをパワーオンします。