ESX/ESXi をアップグレードしたら、新機能を利用するためにホスト上のすべての仮想マシンをアップグレードできます。

仮想マシンが ESXi の新バージョンと互換性があるかどうか判断するには、仮想マシンの互換性 を参照してください。各 ESXi 互換性設定の仮想マシンで使用できるハードウェア機能のリストについては、仮想マシンの互換性の設定で使用できるハードウェア機能 を参照してください。

仮想マシンのアップグレードの最初の手順は、VMware Tools のアップグレードです。VMware Tools のインストールは新しい仮想マシンの作成プロセスの一部です。Windows ゲスト OS を実行している複数の仮想マシンに VMware Tools をインストールする場合、インストールを自動化して、コンポーネントを含めたり、除外したりするオプションを指定できます。VMware Tools のインストール、アップグレード、および構成の詳細については、『VMware Tools ユーザー ガイド』を参照してください。

仮想マシンに VMware Tools がインストールされていない場合は、VMware Tools のアップグレード手順を使用して VMware Tools をインストールできます。VMware Tools をインストールまたはアップグレードしたあと、仮想マシンの互換性をアップグレードします。

注:

仮想マシンのアップグレードに vmware-vmupgrade.exe を使用しないでください。

VMware は仮想マシンのアップグレード用に、次のツールを提供しています。

vSphere Web Client

仮想マシンのアップグレードを一度に 1 つの手順で実行する必要がありますが、vSphere Update Manager は必要ありません。

vSphere Update Manager

仮想マシンのアップグレードおよびパッチ適用の手順を自動化して、ステップが正しい順序で確実に実行されるようにします。Update Manager を使用して、仮想マシン ハードウェア、VMware Tools、および仮想アプライアンスを直接アップグレードできます。また、仮想マシンと仮想アプライアンス上で実行しているサードパーティ製のソフトウェアもパッチ適用およびアップデートができます。『VMware vSphere Update Manager のインストールと管理』ドキュメントを参照してください。