アップグレード プロセス中の各仮想マシンのダウンタイムを計画します。通常、このダウンタイムは、仮想マシンのアップグレード中および VMware Tools のアップグレード中に発生します。アップグレード方法によっては、ESX のアップグレード中に一部の仮想マシンでダウンタイムが発生します。

ESX/ESXi ホストを vCenter Server で管理していない場合は、vMotion を使用して仮想マシンを移動できません。アップグレード後に ESX/ESXi ホストが再起動されるときに、必ず仮想マシンのダウンタイムが発生します。

任意の時点で複数の仮想マシンをシャットダウンしなくてもよい場合もあります。仮想マシンのダウンタイムを調整して、ユーザーやユーザーのお客様に合わせてスケジュールを調整できます。

例:

  • 仮想マシンのユーザーが異なるタイム ゾーンにいる場合、仮想マシンを特定のホストに移行して一定のタイム ゾーンにすることで準備できます。このようにホストのアップグレードを調整して、そのタイム ゾーンの営業時間外に、ユーザーが意識せずに仮想マシンのダウンタイムが発生するようにできます。

  • 仮想マシン ユーザーが休みなく活動する場合、通常どおりスケジュールしたメンテナンス期間に合わせて、仮想マシンのダウンタイムを遅延できます。どのステージも、アップグレードを特定の期間内に行う必要はありません。どのステージでも必要なだけ時間をかけて構いません。