vSphere 6.7 以降では、TLS 1.2 のみがデフォルトで有効です。TLS 1.0 と TLS 1.1 は、デフォルトで無効になっています。新規インストール、アップグレード、または移行のいずれを実行するのかに関係なく、vSphere 6.7 では TLS 1.0 および TLS 1.1 が無効になります。TLS Configurator ユーティリティを使用すると、vSphere 6.7 システム上で旧バージョンのプロトコルを一時的に有効にすることができます。すべての接続で TLS 1.2 を使用した後、安全性の低い旧バージョンを無効にすることができます。

注:

TLS Configurator ユーティリティは、vSphere 6.7 以降の製品に含まれています。このユーティリティを別途ダウンロードすることはなくなりました。

再構成を実行する前に、お使いの環境を確認してください。使用環境の要件およびソフトウェア バージョンによっては、相互運用性を維持するために、TLS 1.2 だけでなく TLS 1.0 および TLS 1.1 も再び有効にしなければならないことがあります。TLS 1.2 をサポートする VMware 製品のリストについては、VMware ナレッジベースの記事 KB2145796 を参照してください。サードパーティの統合については、ベンダーのドキュメントを参照してください。