コンテンツ ライブラリは、仮想マシン テンプレートおよび vApp テンプレートに加えて、ISO イメージ、テキスト ファイルなどの他のファイル タイプのコンテナ オブジェクトです。ライブラリ内のテンプレートを使用して、vSphere インベントリに仮想マシンと vApp をデプロイできます。コンテンツ ライブラリを使用して、同じ場所または異なる場所の vCenter Server インスタンス間でコンテンツを共有することもできます。テンプレートとファイルを共有すると、ワークロードの大規模なデプロイで整合性やコンプライアンスを確保し、デプロイを効率化および自動化できます。

コンテンツ ライブラリは、コンテンツをライブラリ アイテムの形で保存および管理します。単一のライブラリ アイテムには、1 つまたは複数のファイルを含めることができます。たとえば、OVF テンプレートはファイルのセット(.ovf.vmdk.mf)です。ライブラリに OVF テンプレートをアップロードする場合はファイルのセット全体をアップロードしますが、OVF テンプレート タイプの 1 つのライブラリ アイテムしか表示されません。

vSphere の以前のバージョンでは、コンテンツ ライブラリで OVF テンプレートのみがサポートされていました。したがって、仮想マシン テンプレートと vApp テンプレートをコンテンツ ライブラリにアップロードすると、両方とも OVF ファイルに変換されました。vSphere 6.7 Update 1 以降のコンテンツ ライブラリは、仮想マシン テンプレートもサポートします。そのため、コンテンツ ライブラリ内のテンプレートは、OVF テンプレート タイプまたは仮想マシン テンプレート タイプにすることができます。vApp テンプレートは、コンテンツ ライブラリにアップロードすると、引き続き OVF ファイルに変換されます。

コンテンツ ライブラリは単一の vCenter Server インスタンスから作成して管理しますが、2 台のシステム間で HTTP(S) トラフィックが許可されている場合は、他の vCenter Server インスタンスにコンテンツを分散できます。さらに、仮想マシン テンプレートを配布するには、各 vCenter Server インスタンスが拡張リンク モードまたはハイブリッド リンク モードであり、それぞれのホストがネットワーク経由で接続されている必要があります。

次の 2 つのタイプのコンテンツ ライブラリを作成できます。

  • ローカル コンテンツ ライブラリを作成すると、単一の vCenter Server インスタンスにコンテンツを保存して管理できます。このライブラリのコンテンツを共有する場合は、公開を有効にします。公開を有効にすると、他のユーザーはライブラリをサブスクライブして、そのコンテンツを使用できます。または、ライブラリのサブスクリプションを作成して、コンテンツの配布を制御できます。公開が有効なローカル ライブラリの管理の詳細については、公開者ローカル ライブラリの管理を参照してください。

  • 購読済みコンテンツ ライブラリを作成すると、公開ライブラリをサブスクライブして、そのコンテンツを使用できます。購読済みライブラリにアイテムをアップロードまたはインポートすることはできません。サブスクライバは、公開ライブラリのコンテンツを使用することしかできません。テンプレートを管理するのは、公開ライブラリの管理者です。購読済みライブラリの管理の詳細については、購読済みライブラリの管理を参照してください。