vCenter Server を既存のドメインから新しく作成したドメインに再ポイントできます。

新しいドメインへの再ポイントの例については、 ドメインから新しいドメインへの vCenter Server の再ポイントを参照してください。この場合、レプリケーション パートナーはありません。
図 1. ドメインから新しいドメインへの vCenter Server の再ポイント
ドメインからレプリケーション パートナーを持たない新しいドメインに再ポイントする前後の vCenter Server ノード。

前提条件

  • 再ポイントは、vCenter Server 6.7 Update 1 以降でのみサポートされています。
  • 同じバージョンの vCenter Server を再ポイントする必要があります。
  • データ損失が発生しないようにするには、各ノードのファイル ベースのバックアップを作成してから、vCenter Server を再ポイントします。

手順

  1. 再ポイントする(別のドメインに移動される)ノード(たとえば、ノード C)をシャット ダウンします。
  2. 再ポイントされる vCenter Server ノードを廃止します。たとえば、ノード C を廃止するには、ノード B(元のドメイン内)にログインし、次のコマンドを実行します。
    cmsso-util unregister --node-pnid Node_C_FQDN --username Node_B_sso_administrator@sso_domain.com --passwd Node_B_sso_adminuser_password
    ノード C の登録解除後、サービスが再起動されます。ノード B と、元のドメインでノード C にリンクされていた他のすべてのノードから、ノード C への参照が削除されます。
  3. ノード C をパワーオンして、再ポイント プロセスを開始します。
  4. execute コマンドを実行します。実行モードでは、事前チェック モードの間に生成されたデータが読み取られ、ターゲット ノードにインポートされます。その後、vCenter Server がターゲット ドメインに再ポイントされます。たとえば、レプリケーション パートナーなしで再ポイント(新しいドメインに再ポイント)するには、次のような execute コマンドを実行します。
    cmsso-util domain-repoint -m execute --src-emb-admin Administrator  --dest-domain-name destination_PSC_domain
    cmsso-util domain-repoint コマンドの引数の定義については、 ドメイン再ポイント コマンドの構文を参照してください。