ベースラインまたはベースライン グループに対する修正前および修正中の vSphere Lifecycle Manager の動作を構成できます。修正設定により、vSphere Lifecycle ManagerESXi ホストをメンテナンス モードにしてから修正することができます。

イメージへの修正時とベースラインへの修正時で、vSphere Lifecycle Manager の動作が異なる場合があります。

VMotion を使用して、個々のホストで実行されている仮想マシンを移行することはできません。vSphere Lifecycle Manager では、vCenter Server が別のホストに仮想マシンを移行できない場合にどのように対応するかを設定できます。vSphere Lifecycle Manager では、ホストのメンテナンス モードへの切り替えに失敗した場合、どのように対応するかも設定できます。

vSAN クラスタ内にあるホストの場合、同時にメンテナンス モードに切り替えられるホストは 1 台のみです。この動作は、vSAN クラスタの特性です。vSAN クラスタ内のホストの修正中の vSphere Lifecycle Manager の動作の詳細については、vSAN クラスタと vSphere Lifecycle Managerを参照してください。

vSphere Lifecycle Manager ベースラインを使用するとき、他のソフトウェアが PXE ブートを使用する ESXi ホストの修正を開始できるように vSphere Lifecycle Manager を設定できます。修正により、ソフトウェア モジュールがホストにインストールされますが、通常、ホストのアップデートは再起動後に失われます。再起動後、ステートレス ホストのアップデートを保持するには、アップデートが含まれる PXE ブート イメージを使用します。PXE ブート イメージは、vSphere Lifecycle Manager でアップデートを適用する前に更新できます。したがって、再起動によりアップデートが失われることはありません。また、vSphere Lifecycle Manager 自体がホストを再起動することはありません。Update Manager では、PXE ブート ESXi ホストでの再起動を必要とするアップデートがインストールされないためです。

前提条件

必須権限:VMware vSphere Lifecycle Manager.構成

手順

  1. vSphere Lifecycle Managerホスト ビューに移動します。
    1. vSphere Client[メニュー] > [Lifecycle Manager] の順に選択します。
    2. [Lifecycle Manager] ドロップダウン メニューから vCenter Server システムを選択します。
      ドロップダウン メニューは、複数の vCenter Serverシステムが共通の vCenter Single Sign-On ドメインによって接続されている場合にのみ使用できます。 vCenter Serverシステムを選択して、管理する vSphere Lifecycle Manager インスタンスを指定します。
  2. [設定] タブで [ホスト修正] > [ベースライン] の順に選択します。
  3. [編集] ボタンをクリックします。
    [ホスト修正設定の編集] ダイアログ ボックスが開きます。
  4. ベースライン修正設定を構成し、[保存] をクリックします。
    オプション 説明
    仮想マシンの電源状態 ホストを修正する前に、実行中のすべての仮想マシンをパワーオフまたはサスペンドするように vSphere Lifecycle Manager を構成できます。または、仮想マシンの電源状態を変更しないように vSphere Lifecycle Manager を構成することもできます。
    メンテナンス モードの障害 修正前にホストをメンテナンス モードに切り替えられなかった場合の vSphere Lifecycle Manager の動作方法を構成できます。vSphere Lifecycle Manager がホストのメンテナンス モードへの切り替えを再試行できるようにする場合は、再試行回数と再試行遅延を指定する必要があります。vSphere Lifecycle Manager は、[再試行遅延] オプションに構成された時間だけ待機し、[再試行回数] テキスト ボックスに指定された回数だけホストのメンテナンス モードへの切り替えを再試行します。
    PXE ブートされたホスト vSphere Lifecycle Manager ベースラインで管理できる vSphere インベントリの PXE ブート ESXi ホストのソリューションに対して、ソフトウェアのインストールを有効にできます。
    VM 移行 それぞれのオプションを選択して仮想マシンの移行を有効にすると、vSphere Lifecycle Manager は、サスペンド状態およびパワーオフ状態の仮想マシンを、メンテナンス モードに切り替える必要があるホストからクラスタ内の他のホストに移行します。
    リムーバブル メディア デバイス vSphere Lifecycle Manager は、CD ドライブ、DVD ドライブまたはフロッピー ドライブが接続されている仮想マシンが配置されたホストを修正しません。ホスト上の仮想マシンに接続されているリムーバブル メディア ドライブは、ホストをメンテナンス モードに切り替える際の妨げになったり、修正が中断される原因となる可能性があります。そのため、すべてのリムーバブル メディア デバイスを切断して、それぞれのホストがメンテナンス モードに正常に切り替わるようにすることができます。修正後に、リムーバブル メディア デバイスが引き続き利用可能な場合、vSphere Lifecycle Manager はそれらのデバイスを再接続します。
    Quick Boot Quick Boot を使用すると、修正中のホストの再起動時間が短縮されます。Quick Boot を有効にする前に、ESXi ホストがこの機能に対応していることを確認する必要があります。詳細については、『Quick Boot』を参照してください。
    並行修正 並行修正を有効にすると、複数の ESXi ホストを同時に修正できます。[並行修正] オプションを選択すると、vSphere Lifecycle Manager は、メンテナンス モードのすべてのホストを順番にではなく並行して修正できます。また、同時修正の最大数を手動で指定することもできます。

    vSphere Distributed Switch に移行する準備のできた NSX-T 分散仮想スイッチがホストにある場合は、並行修正の最大数を手動で 4 以下に設定する必要があります。ホスト スイッチの移行が必要な場合、並行して修正するホストの数が 4 を超えると、修正が失敗することがあります。これは、vSphere Lifecycle Manager が並行修正の完了に要する時間よりも、ホスト スイッチの移行に要する時間の方が長いためです。

結果

これがvSphere Lifecycle Managerベースラインのデフォルトの障害応答の設定になります。個々の修正タスクに、異なる設定を指定することができます。