vSphere クラスタ サービス (vCLS) はデフォルトで有効になっていて、すべての vSphere クラスタで実行されます。vCLS は、vCenter Server が利用できなくなった場合に、クラスタ内で実行されるワークロードのリソースと健全性を維持するために、クラスタ サービスを引き続き使用できるようにします。DRS と HA を実行するには、vCenter Server が引き続き必要です。

vCLS は、vSphere 7.0 U3 にアップグレードするか、vSphere 7.0 U3 を新規にデプロイすると有効になります。vCLS は、vCenter Server アップグレードの一部としてアップグレードされます。

vCLS は、エージェント仮想マシンを使用してクラスタ サービスの健全性を維持します。ホストをクラスタに追加すると、vCLS エージェント仮想マシン(vCLS 仮想マシン)が作成されます。各 vSphere クラスタでは、最大で 3 台の vCLS 仮想マシンをクラスタ内に分散して実行する必要があります。vCLS は、ホストが 1 台または 2 台のみのクラスタでも有効になります。これらのクラスタでは、vCLS 仮想マシンはそれぞれ 1 台、2 台です。

新しい非アフィニティ ルールが自動的に適用されます。3 分ごとにチェックが実行され、複数の vCLS 仮想マシンが 1 台のホストにある場合、それらの仮想マシンは異なるホストに自動的に再配分されます。

表 1. クラスタ内の vCLS エージェント仮想マシンの数
クラスタ内のホストの数 vCLS エージェント仮想マシンの数
1 1
2 2
3 以上 3

vSphere DRS や vSphere HA などのクラスタ サービスがクラスタで有効になっていない場合でも、すべてのクラスタで vCLS 仮想マシンが実行されます。vCLS 仮想マシンのライフサイクル処理は、ESX Agent Manager やワークロード制御プレーンなどの vCenter Server サービスによって管理されます。vCLS 仮想マシンでは NiC カードはサポートされていません。

vCLS が有効なクラスタには、vCenter Server と互換性がある ESXi バージョンであれば、異なるバージョンの ESXi ホストを含めることができます。vCLS は vLCM と VUM の両方の管理対象クラスタと連携し、すべての vSphere ライセンス SKU クラスタで実行できます。

vSphere DRS

vSphere DRS は、vSphere の重要な機能で、vSphere クラスタ内で実行されるワークロードの健全性の維持に必要です。DRS は vCLS 仮想マシンの可用性に依存します。

注: vCLS 仮想マシンに問題があるクラスタで DRS を有効にすると、 [クラスタのサマリ] 画面に警告メッセージが表示されます。
注: DRS が有効でも vCLS 仮想マシンに問題がある場合、DRS が動作するにはその問題を解決する必要があります。 [クラスタのサマリ] 画面に警告メッセージが表示されます。

DRS が機能しなくても、必ずしも DRS が無効になっているわけではありません。既存の DRS 設定とリソース プールは、vCLS 仮想マシンのクォーラムが失われても存続します。vCLS の健全性が [非健全] に変更されるのは、DRS が有効なクラスタで仮想マシンが実行されておらず、そのために DRS の最初のインスタンスがスキップされた場合に限られます。1 台以上の vCLS 仮想マシンが実行されていない場合、DRS が有効でないクラスタでの vCLS の健全性は [低下] のままです。

vCLS 仮想マシンでのデータストア選択

vCLS 仮想マシン用のデータストアは、クラスタ内のホストに接続されているすべてのデータストアのランクに基づいて自動的に選択されます。データストアに接続されているクラスタ内のホストに予約済みの空き DRS スロットがある場合、そのデータストアが選択される可能性は高くなります。このアルゴリズムでは、可能であれば vCLS 仮想マシンをローカル データストアではなく共有データストアに配置することを試行します。空き容量の大きいデータストアが優先されます。また、このアルゴリズムでは同じデータストアに複数の vCLS 仮想マシンを配置しないようにします。vCLS 仮想マシンのデータストアの変更は、デプロイしてパワーオンした後にのみ可能です。

vCLS 仮想マシンの VMDK を別のデータストアに移動する場合、または別のストレージ ポリシーを適用する場合は、vCLS 仮想マシンを再構成します。この操作を実行すると、警告メッセージが表示されます。

Storage vMotion を実行すると、vCLS 仮想マシンを別のデータストアに移行できます。1 つのデータセンターで実行されているすべての仮想マシンに適用される特定のメタデータ戦略がある場合など、vCLS 仮想マシンをワークロード仮想マシンから切り離してグループ化する必要があるときは、タグを付けたり、カスタム属性を割り当てたりすることができます。

注: データストアがメンテナンス モードのとき、データストアで vCLS 仮想マシンをホストする場合は、手動で Storage vMotion を適用して vCLS 仮想マシンを新しい場所に移動するか、クラスタを退避モードにする必要があります。警告メッセージが表示されます。
メンテナンス モードへの切り替えタスクは開始されますが、終了できません。これは、データストアに 1 台の仮想マシンが配置されているためです。続行する場合でも、[最近のタスク] でタスクを常にキャンセルできます。
選択したデータストアには、パワーオフできない vSphere クラスタ サービス仮想マシンが保存されている可能性があります。vSphere クラスタ サービスの健全性を確保するには、このデータストアをメンテナンスのために停止する前に、これらの仮想マシンを vMotion によりクラスタ内の別のデータストアに手動で移動する必要があります。ナレッジベースの記事 KB79892 を参照してください。
続行するには、[ すべての仮想マシンのストレージを移行し、移行後もメンテナンス モードへの切り替えを継続します。] チェックボックスをオンにします。