Software-Defined Storage では、従来のストレージ モデルのように、基盤となるストレージ容量を仮想マシンから抽象化するだけでなく、ストレージ機能を抽象化します。

Software-Defined Storage モデルでは、仮想マシンがストレージ プロビジョニングの単位となり、柔軟性のあるポリシー ベースのメカニズムを通じて仮想マシンを管理することができます。このモデルには、次の vSphere テクノロジーが使用されています。

VMware vSphere ® Virtual Volumes™ (vVol)
vVols 機能により、データストア内部の容量の管理から、ストレージ アレイで処理される抽象的なストレージ オブジェクトの管理へとストレージ管理のパラダイムが変わります。 vVols でのストレージ管理の単位は、データストアではなく個々の仮想マシンになります。また仮想ディスクのコンテンツ、レイアウト、管理は、すべてストレージのハードウェアによって制御されます。
VMware vSphere Virtual Volumes (vVol) の操作を参照してください。
VMware vSAN
vSAN はハイパーバイザーの一部としてネイティブに実行するソフトウェアの分散レイヤーです。 vSANESXi ホスト クラスタのローカル ディスクまたは直接接続されたキャパシティ デバイスを統合し、 vSAN クラスタのすべてのホストで共有される単一のストレージ プールを作成します。
VMware vSAN の管理 を参照してください。
ストレージ ポリシー ベースの管理
ストレージ ポリシー ベースの管理 (SPBM) は、 vSANvVols など、さまざまなデータ サービスおよびストレージ ソリューションに対して単一の制御パネルを実現するフレームワークです。このフレームワークでは、仮想マシンに対するアプリケーションの要求とストレージ エンティティの機能とがストレージ ポリシーを通じて調整されます。
ストレージ ポリシー ベースの管理を参照してください。
I/O フィルタ
I/O フィルタは、 ESXi ホストにインストールできるソフトウェア コンポーネントで、仮想マシンに追加のデータ サービスを提供できます。実装によっては、このサービスに複製、暗号化、キャッシュなどが含まれる場合もあります。
仮想マシン I/O のフィルタリングを参照してください。