データストア上で仮想マシンをプロビジョニングする場合は、互換性のある仮想マシン ストレージ ポリシーを仮想マシンに割り当てる必要があります。仮想マシンへのストレージ ポリシーの構成と明示的な割り当てを行わない場合、システムはデフォルトのストレージ ポリシーを使用します。

VMware 提供のデフォルト ストレージ ポリシー
ESXi が提供する汎用デフォルト ストレージ ポリシーは、すべてのデータストアに適用され、ストレージ タイプに固有のルールは含まれません。

また、ESXi はオブジェクトベースのデータストア(vSANまたはvVols)のデフォルト ストレージ ポリシーも提供します。これらのポリシーにより、オブジェクト ベースのストレージ内に仮想マシン オブジェクトが適切に配置されます。

vVolsのデフォルト ストレージ ポリシーの詳細については、vVolsおよび仮想マシン ストレージ ポリシーを参照してください。

VMFSおよび NFS のデータストアには特定のデフォルト ポリシーはなく、汎用デフォルト ポリシーまたはデータストアに対して定義したカスタム ポリシーを使用できます。

ユーザー定義のデフォルト ストレージ ポリシー
vSANまたは vVols と互換性のある仮想マシン ストレージ ポリシーを作成できます。次に、このポリシーを vSANデータストアおよび vVols データストアのデフォルトに指定できます。VMware が提供するデフォルト ストレージ ポリシーは、ユーザー定義のデフォルト ポリシーに置き換えられます。

vSANおよびvVols データストアには、一度に 1 つのデフォルト ポリシーのみを設定できます。ただし、複数の vSANおよびvVols データストアに一致するように、複数の配置ルール セットを持つ単一のストレージ ポリシーを作成できます。このポリシーをすべてのデータストアのデフォルト ポリシーに指定できます。

仮想マシン ストレージ ポリシーがデータストアのデフォルト ポリシーになると、そのポリシーは、データストアとの関連付けを解除しなければ、削除できません。