仮想マシン ストレージ ポリシーの作成を開始する前に、ストレージ環境で使用可能なストレージ エンティティとデータ サービスに関する情報を仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスにポピュレートする必要があります。

この情報は、VASA プロバイダとも呼ばれるストレージ プロバイダから取得されます。もう 1 つのソースはデータストア タグです。

ストレージ機能およびサービス
たとえば vVolsvSAN など、一部のデータストアはストレージ プロバイダによって表されます。ストレージ プロバイダを通じて、データストアはその機能を仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスにアドバタイズできます。これらのデータストア機能、データ サービス、さまざまな値を持つその他の特性が仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスにポピュレートされます。

これらの特性は、ストレージ ポリシーにデータストアベースの配置およびサービス ルールを定義するときに使用します。

データ サービス
ホスト上の I/O フィルタは、ストレージ プロバイダによっても表されます。ストレージ プロバイダは、フィルタのデータ サービスに関する情報を仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに提供します。この情報は、共通ルールとも呼ばれる、ホストベースのデータ サービスのルールを定義するときに使用します。データストアに固有のルールとは異なり、これらのルールでは仮想マシンのストレージ配置およびストレージ要件が定義されません。代わりに、仮想マシンについて要求された I/O フィルタ データ サービスが有効化されます。
Tags
一般的に、VMFS および NFS データストアはストレージ プロバイダによって表されません。これらの機能やデータ サービスは、仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表示されません。これらのデータストアに関する情報をエンコードするためにタグを使用できます。たとえば、VMFS データストアを VMFS-Gold および VMFS-Silver としてタグ付けし、異なるサービスのレベルを表すことができます。

vVolsおよび vSAN データストアの場合、タグを使用して、地理的場所 (Palo Alto) や管理グループ(会計)など、ストレージ プロバイダによってアドバタイズされない情報をエンコードできます。

ストレージ機能や特性と同じように、データストアに関連付けられたすべてのタグが仮想マシン ストレージ ポリシー インターフェイスに表示されます。タグは、タグベースの配置ルールを定義する際に使用できます。