既存のイメージ プロファイルをクローン作成する代わりに、vSphere Client を使用して新しいイメージ プロファイルを作成できます。インベントリのイメージ プロファイルと著しく異なる場合は、新しいイメージ プロファイルを作成することを検討してください。

前提条件

手順

  1. [ホーム] > [Auto Deploy] の順に移動します。
    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere ESXi Image Builder サービスを利用する権限を持っています。
  2. [ソフトウェア デポ] ドロップダウン メニューから、新しいイメージ プロファイルを追加するカスタム デポを選択します。
  3. [イメージ プロファイル] タブで、[新しいイメージ プロファイル] をクリックします。
  4. イメージ プロファイル名、ベンダーおよび説明を入力します。
    一意のイメージ プロファイル名を入力する必要があります。
  5. [次へ] をクリックします。
    [ソフトウェア パッケージの選択] ページが表示されます。
  6. ドロップダウン メニューから、イメージ プロファイルの許容レベルを選択します。
    基本イメージに追加する VIB の許容レベルは、基本イメージの許容レベル以上である必要があります。許容レベルの低い VIB をイメージ プロファイルに追加する場合、イメージ プロファイル許容レベルを低くする必要があります。詳細については、 許容レベルの操作を参照してください。
  7. イメージ プロファイルに追加する VIB を選択し、削除するものを選択解除してから、[次へ] をクリックします。
    注: イメージ プロファイルには、ブート可能な ESXi イメージが有効な状態で含まれている必要があります。
    vSphere ESXi Image Builder が、変更によってイメージ プロファイルが無効にならないことを検証します。VIB には他の VIB に依存するものがありますが、イメージ プロファイルにこれらの VIB を個別に含めると無効になります。VIB を追加または削除する場合、vSphere ESXi Image Builder はパッケージの依存関係が保持されるかどうかを確認します。
  8. [設定の確認] ページで、新しいイメージ プロファイルの概要情報を確認して、[終了] をクリックします。

次のタスク

PowerCLI コマンドレットを使用したカスタム ESXi ISO イメージの作成

ESXi Image Builder を使用して ESXi イメージ プロファイルをカスタマイズすることはできますが、異なるデポのコンテンツを組み合わせて 1 つの ISO イメージを生成することはできません。VMware PowerCLI 12.0 以降では、複数のソフトウェア デポのコンテンツおよびカスタム ソフトウェア仕様を使用してカスタム ISO イメージを作成できます。

New-IsoImage コマンドレットでは、基本イメージ、アドオン、コンポーネントなど、vSphere Lifecycle Manager が必要とする追加のメタデータが保持されます。この追加のメタデータは、レガシー ESXi Image Builder コマンドレットを使用してエクスポートできる ISO イメージには含まれません。

前提条件

VMware PowerCLI 12.0 以降をインストールします。

使用するソフトウェア仕様を含むソフトウェア デポにアクセスできることを確認します。

手順

  1. カスタム ISO イメージの作成に使用するソフトウェア仕様に必要な情報を収集します。
    1. Get-DepotBaseImagesコマンドレットを実行して、必要なパッチまたはアップグレードの基本イメージ バージョンを取得します。
      PS C:\> Get-DepotBaseImages -Depot C:\VMware-ESXi-8.xxx-xxxxxxxx-depot.zip
      コマンド出力は次のとおりです。
      Version                                 Vendor                                  Release date
      -------                                 ------                                  ------------
      8.0.0-0.0.xxxxxx                      VMware, Inc.                            01/01/20xx 00:00:00
    2. ソフトウェア デポの新しいメタデータで使用されるコマンドレットを使用して、OEM アドオンなどの他のパッケージを取得します。例:
      PS C:\> Get-DepotAddons -Depot C:\addon-depot.zip
    コマンド出力は次のとおりです。
    Name                    Version                 ID                      Vendor                  Release date
    ----                    -------                 --                      ------                  ------------
    testaddonv1             1.0.0-1                 testaddonv1:1.0.0-1     ESXLifecycle QE         02/20/20xx 18:28:23
    Get-DepotComponents コマンドレットを使用して、ソフトウェア デポのすべてのコンポーネントを一覧表示することもできます。
    PS C:\> Get-DepotComponents -Depot C:\Intel-i40en_1.12.3.0-1OEM.xxxxxxx.zip
    コマンド出力は次のとおりです。
    Name                             Version                          ID                                               Vendor
    ----                             -------                          --                                              ------
    Intel-i40en                      1.12.3.0-1OEM.xxxxxxx   Intel-i40en:1.12.3.0-1OEM.xxxxxxx     Intel
    任意の数とオフラインおよびオンライン ソフトウェア デポの組み合わせを使用できます。
  2. ソフトウェア仕様を作成します。例:
    {
        "base_image": {
            "version": "8.0.0-0.0.xxxxxxx"
        },
        "add_on": {
            "name": "testaddonv1",
            "version": "1.0.0-1"
        },
        "components": {
           "Intel-i40en": "1.12.3.0-1OEM.xxxxxxx"
       }
    }
    ソフトウェア仕様は、ESXi 基本イメージとベンダー アドオンなどの追加パッケージに関する情報が格納されている JSON ファイルです。
  3. DepotsSoftwareSpec、および Destination パラメータを指定して New-IsoImage コマンドレットを実行して、カスタム ISO イメージを生成します。例:
    New-IsoImage -Depots “c:\temp\VMware-ESXi-8.0-xxxxxxx-depot.zip” , “c:\temp\HPE-xxxxxxx-Jan20xx-Synergy-Addon-depot.zip” -SoftwareSpec “c:\temp\HPE-80xx-custom.JSON” -Destination “c:\temp\HPE-80xx-custom.iso”
    デポには、サポートされている ESXi バージョンおよびベンダー アドオンの zip ファイルのパスが含まれています。ターゲットには、カスタム ISO ファイルのパスとファイル名が含まれています。
    追加のカーネル オプションの受け渡し、ライブ イメージの作成、既存のファイルの上書き、またはイメージの作成中に使用される個々の VIB の許容レベルの確認を行うことができます。 New-IsoImage コマンドレットの詳細については、 https://code.vmware.com/docs/11794/cmdletreference/doc/New-IsoImage.htmlを参照してください。

次のタスク

ホストのアップグレード操作に使用するアップグレード ベースラインを作成できるように、新しい ISO イメージを vSphere Lifecycle Manager デポにインポートします。

PowerCLI コマンドレットを使用したカスタム PXE イメージの作成

VMware PowerCLI 12.0 以降では、任意のソフトウェア デポとカスタム ソフトウェア仕様を使用してカスタム PXE イメージを作成できます。

前提条件

VMware PowerCLI 12.0 以降をインストールします。

使用するソフトウェア仕様を含むソフトウェア デポにアクセスできることを確認します。

手順

  1. カスタム PXE イメージの作成に使用するソフトウェア仕様に必要な情報を収集します。
    1. Get-DepotBaseImagesコマンドレットを実行して、必要なパッチまたはアップグレードの基本イメージ バージョンを取得します。
      PS C:\> Get-DepotBaseImages -Depot C:\VMware-ESXi-8.xxxx-xxxxx-depot.zip
      コマンド出力は次のとおりです。
      Version                                 Vendor                                  Release date
      -------                                 ------                                  ------------
      8.x.x.xxx.xxxxx                      VMware, Inc.                            04/29/20xx 00:00:00
    2. ソフトウェア デポの新しいメタデータで使用されるコマンドレットを使用して、OEM アドオンなどの他のパッケージを取得します。例:
      PS C:\> Get-DepotAddons -Depot C:\addon-depot.zip
    コマンド出力は次のとおりです。
    Name                    Version                 ID                      Vendor                  Release date
    ----                    -------                 --                      ------                  ------------
    testaddonv1             1.0.0-1                 testaddonv1:1.0.0-1     ESXLifecycle QE         02/20/20xx 18:28:23
    Get-DepotComponents コマンドレットを使用して、ソフトウェア デポのすべてのコンポーネントを一覧表示することもできます。
    PS C:\> Get-DepotComponents -Depot C:\Intel-i40en_1.12.3.0-1OEM.700.1.0.15843807_18058526.zip
    コマンド出力は次のとおりです。
    Name                             Version                          ID                                               Vendor
    ----                             -------                          --                                              ------
    Intel-i40en                      1.12.3.0-1OEM.xxxxx   Intel-i40en:1.12.3.0-1OEM.xxxxx     Intel
    任意の数とオフラインおよびオンライン ソフトウェア デポの組み合わせを使用できます。
  2. ソフトウェア仕様を作成します。例:
    {
        "base_image": {
            "version": "8.0.xxxxx"
        },
        "add_on": {
            "name": "testaddonv1",
            "version": "1.0.0-1"
        },
        "components": {
           "Intel-i40en": "1.12.3.0-1OEM.xxxxx"
       }
    }
    ソフトウェア仕様は、ESXi 基本イメージとベンダー アドオンなどの追加パッケージに関する情報が格納されている JSON ファイルです。
  3. DepotsSoftwareSpec、および Destination パラメータを指定して New-PxeImage コマンドレットを実行し、カスタム PXE イメージを生成します。例:
    New-PxeImage -Depots “c:\temp\VMware-ESXi-8.0xxxxx-xxxxx-depot.zip” , “c:\temp\HPE-8.0xxxxx-xxx-Synergy-Addon-depot.zip” -SoftwareSpec “c:\temp\HPE-xxx-custom.JSON” –Destination “C:\pxe-image” 
    デポには、サポートされている ESXi バージョンおよびベンダー アドオンの zip ファイルのパスが含まれています。ターゲットには、カスタム PXE ファイルのパスとファイル名が含まれています。
    追加のカーネル オプションの受け渡し、ライブ イメージの作成、既存のファイルの上書き、またはイメージの作成中に使用される個々の VIB の許容レベルの確認を行うことができます。 New-PxeImage コマンドレットの詳細については、 https://code.vmware.com/docs/11794/cmdletreference/doc/New-PxeImage.htmlを参照してください。

次のタスク

PXE イメージは PXE ブートされた ESXi ホストの修正ワークフローで使用できます。