ディスクレス ESXi ホストを、イメージで管理されているクラスタに変換するには、物理ストレージの追加と ESXi 8.0 イメージのインストールを行って、これらのホストを最初にステートフル ホストに変換する必要があります。

ステートレス キャッシュおよびステートフル インストールの詳細については、 ステートレス キャッシュおよびステートフル インストールの vSphere Auto Deploy の使用を参照してください。

前提条件

  • システムの準備および Auto Deploy サーバのインストール詳細については、『VMware ESXi のインストールとセットアップ』ドキュメントの「vSphere Auto Deploy 用にシステムを準備」を参照してください。
  • ESXi ホストはイメージ プロファイルが含まれている Auto Deploy ルールから起動していること。
  • Auto Deploy サービスが実行されていること。
  • 空の USB スティックまたはその他のサポートされているストレージがあること。

手順

  1. ホーム メニューで [ポリシーおよびプロファイル] をクリックし、[ホスト プロファイル] を選択します。
  2. 実行中の ESXi ホストからホスト プロファイルを抽出するか、指定された構成およびホストの場所を持つ既存のホスト プロファイルを複製します。
    既存のホスト プロファイルは、ホストまたはクラスタに添付できます。
  3. 新しいホスト プロファイルを右クリックし、[ホスト プロファイルの編集] を選択して、[詳細設定] > [システム イメージ キャッシュ設定] > [システム イメージ キャッシュ設定] の順に移動します。
  4. [システム イメージのキャッシュ プロファイル設定] ドロップダウン メニューで、ポリシーのオプションを選択します。
    オプション 説明
    ホスト上でステートレス キャッシュを有効化 ディスクにイメージをキャッシュします。
    ホスト上で USB ディスクへのステートレス キャッシュを有効化 ホストに接続された USB ディスクにイメージをキャッシュします。
  5. 選択したポリシー オプションに応じて、次の操作を行う必要があります。
    1. [ホスト上でステートレス キャッシュを有効化] を選択した場合。
      1. 最初のディスクに対する引数を入力し、必要に応じてチェック ボックスを選択します。
      2. [システム ディスク構成] ドロップダウン メニューで、[ユーザーがポリシー オプションを明確に選択することが必要] を選択します。
    2. [ホスト上で USB ディスクへのステートレス キャッシュを有効化] を選択した場合。
      1. [システム ディスク構成] ドロップダウン メニューで、[ホストのカスタマイズでユーザーによって指定されたシステム ディスク] を選択します。
      2. [ホストおよびクラスタ] で、ホストを右クリックし、[ホスト プロファイル] > [ホストのカスタマイズの編集] の順に選択します。[システム ディスク] プロパティの [値] フィールドに、パーシステント ストレージを持つディスクを定義します。
  6. [保存] をクリックしてホスト プロファイルの設定を完了します。
  7. 既存のホスト プロファイルを複製していて、ホスト プロファイルがクラスタに添付されている場合は、新しいホスト プロファイルをクラスタに添付します。
  8. ホーム メニューから [Auto Deploy] をクリックします。
  9. イメージ プロファイルが含まれている Auto Deploy ルールを無効にして、[編集] をクリックします。
    デプロイのルールを編集するダイアログ ボックスが表示されます。
  10. ウィザードの [イメージ プロファイルの選択] 画面で、ESXi 8.0 イメージ プロファイルを選択します。
  11. ウィザードの [ホスト プロファイルの選択] 画面で、新しいホスト プロファイルを選択します。
  12. ルールを有効にして、順序付けされたリスト内の初期位置に、そのルールを移動します。
  13. [デプロイ済みのホスト] タブで、単一または複数の ESXi ホストを選択します。
  14. ESXi ホストについて、[ホストの関連付けの修正] をクリックします。
    修正プロセスの進行状況は、[最近のタスク] ペインで監視できます。
  15. 修正した ESXi ホストをシャットダウンします。
  16. ESXi ホストがパワーオフされたら、選択されているストレージをローカル起動ディスクとして取り付けます。
  17. ESXi ホストをパワーオンし、BIOS/UEFI セットアップに入り、新しく追加されたストレージから最初に起動し、次にネットワークから起動するよう起動順序を変更します。
    新しく追加されたストレージは空であるため、各 ESXi ホストはネットワークから起動し、ストレージ上で以前に指定した ESXi 8.0 イメージをインストールします。インストールが完了すると、各 ESXi ホストが再起動し、新しく追加されたストレージから起動します。

結果

ESXi ホストは、デフォルトで新しいストレージから起動し、ESXi 8.0 イメージが標準 DVD からインストールされたように動作します。

次のタスク

1 つのイメージで管理されているクラスタに ESXi ホストを追加します。詳細については、『vCenter Server およびホストの管理』ドキュメントの「ホストの追加」を参照してください。