イメージ プロファイルは、vSphere Clientを使用して ISO イメージまたは ZIP ファイルにエクスポートできます。ISO イメージは ESXi インストーラとして使用するか、vSphere Lifecycle Managerでホストをアップグレードするために使用できます。ZIP ファイルには、メタデータとイメージ プロファイルの VIB が含まれます。ESXiのアップグレードに、またはオフライン デポとして使用できます。

前提条件

手順

  1. [ホーム] > [Auto Deploy] の順に移動します。
    デフォルトでは、管理者ロールのみが vSphere ESXi Image Builder サービスを利用する権限を持っています。
  2. [ソフトウェア デポ] タブで、ドロップダウン メニューを使用して、使用するイメージ プロファイルが含まれているソフトウェア デポを選択します。
  3. [イメージ プロファイル] タブでエクスポートするイメージ プロファイルを選択し、[エクスポート] をクリックします。
    [イメージ プロファイルのエクスポート] ウィザードが表示されます。
  4. エクスポートしたファイルのタイプを選択します。
    オプション 説明
    ISO イメージ プロファイルを起動可能な ISO イメージにエクスポートします。CD または DVD に焼くことのできる ISO イメージを作成し、ステートレス ESXiインスタンスの起動に使用する場合は、[ISO にインストーラを含めないでください] チェックボックスを選択します。
    ZIP イメージ プロファイルを ZIP ファイルにエクスポートします。
  5. (オプション) イメージ プロファイルの許容レベル検証をバイパスする場合は、[許容レベル チェックをスキップします] を選択します。
  6. [OK] をクリックします。
    [ダウンロード] リンクから、選択したイメージ プロファイルの「イメージ プロファイルのダウンロード」列の内容の生成が開始されます。
  7. イメージが正常に生成されたら、[ダウンロード] をクリックして、エクスポートしたファイルを保存します。

次のタスク

PowerCLI コマンドレットを使用した ISO またはオフライン バンドルの ZIP へのイメージ プロファイルのエクスポート

イメージ プロファイルは、コンポーネントのファイルおよびフォルダの ISO イメージまたは ZIP ファイルにエクスポートできます。cmdlet の 1 回の実行で、両方を作成することはできません。ISO イメージは、ESXi インストーラとして使用するか、アップグレード用に vSphere Lifecycle Manager にアップロードすることができます。

前提条件

PowerCLI および前提となるすべてのソフトウェアをインストールします。前提条件となるソフトウェアのインストールと vSphere ESXi Image Builder の構成を参照してください。

手順

  1. PowerCLIセッションで、使用するデポごとに、Add-EsxSoftwareDepot cmdlet を実行します。
    オプション 操作
    リモート デポ Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl <depot_url> を実行します。
    ZIP ファイル
    1. ZIP ファイルをローカル ファイル システムにダウンロードします。
    2. Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl C:\<file_path>\<offline-bundle>.zip を実行します
    この cmdlet は、1 つ以上の SoftwareDepotオブジェクトを返します。
  2. Export-EsxImageProfile を実行して、イメージ プロファイルをエクスポートします。
    エクスポート形式 コマンドレット
    ISO イメージ Export-EsxImageProfile-ExportToIso パラメータを指定)
    オフライン デポの ZIP ファイル Export-EsxImageProfile-ExportToBundle パラメータを指定)

結果

ISO イメージの場合、vSphere ESXi Image Builder が VIB の署名を検証し、VIB のバイナリをイメージに追加して、指定された場所にイメージをダウンロードします。ZIP ファイルの場合、vSphere ESXi Image Builder は VIB の署名を検証して、指定された場所に VIB のバイナリをダウンロードします。

例: イメージ プロファイルのエクスポート

次の手順に従って、イメージ プロファイルを ISO イメージにエクスポートします。

  1. ソフトウェア デポを追加します。
    Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl url_or_file
  2. 使用可能なすべてのイメージ プロファイルを表示して、エクスポートするイメージ プロファイルの名前を探します。
    Get-EsxImageProfile
  3. イメージ プロファイルをエクスポートします。
    Export-EsxImageProfile -ImageProfile "myprofile" -ExportToIso -FilePath iso_name

次の手順に従って、イメージ プロファイルをコンポーネントのファイルおよびフォルダの ZIP ファイルにエクスポートします。

  1. ソフトウェア デポを追加します。
    Add-EsxSoftwareDepot -DepotUrl url_or_file
  2. 使用可能なすべてのイメージ プロファイルを表示して、エクスポートするイメージ プロファイルの名前を探します。
    Get-EsxImageProfile
  3. イメージ プロファイルをエクスポートします。
    Export-EsxImageProfile -ImageProfile "myprofile" -ExportToBundle -FilePath C:\my_bundle.zip

次のタスク

ISO イメージは、ESXi のインストールで使用するか、アップグレードを実行するために vSphere Lifecycle Manager にアップロードします。

ZIP ファイルは、ESXi のインストールをアップグレードするために使用します。

  • ZIP ファイルを vSphere Lifecycle Manager にインポートして、パッチ ベースラインとともに使用します。
  • ZIP ファイルを ESXi ホストまたはデータストアにダウンロードし、esxcli software vib コマンドを実行して ZIP ファイルの VIB をインポートします。

vSphere のアップグレード』ドキュメントを参照してください。